Saki01

咲 -Saki-  全国編 第7局「注目」です。

「おはよう、のどっち」

ということで、今週もやってきました『咲 -Saki-  全国編』です。熱血美少女麻雀アニメですね。この冬のアニメでは、これを一番の楽しみにしています。

本当は、東京女子流のライブ感想を書きたいのですが、定例の記事を優先ということで。

『咲 -Saki-  全国編』は、先週お休みだったので、二週間ぶりですね。まぁ、原作のストックが絶対的に足りないので、まぁお休みもよいかなという感じです。

それはともかく、『咲 -Saki-』にしても、そのスピンオフの『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』にしても、かなりなスロースターターでした。でも後半になると、『咲 -Saki-』、そして『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』と、非常に燃える展開で楽しませてくれました。なので、今回も期待していますです。実際、大会が始まって、面白くなってきましたね。

ちなみに、今までの感想はここを遡ってくださいな

前回は、全国大会二回戦の中堅戦でした。竹井久部長の登場でした。いつものひょうひょうとした部長とは違い、慎重になりすぎて自分の麻雀ができず苦戦しました。ただ、どうにか盛り返しては来ていますが、相手も強いですね。

ということで、咲-Saki- 全国編 第7話「注目」感想行きます。

原作は、『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も『シノハユ』も『咲日和』も既読です。アニメ版『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も視聴済みです。

あらすじ:公式から引用)できず

清澄高校の中堅は、部長の竹井久。当初は、慎重になりすぎ苦戦を強いられていた久だったが、自分のペースを取り戻し盛り返していた。

そして中堅戦は終了。姫松高校にトップを取られたが、清澄高校は二位に踏ん張った。

そして副将戦がやってきた。清澄高校は、インターミドル優勝の原村 和が登場だ。そうしてもう一人注目されるのが”悪石の巫女”こと薄墨 初美だった。

感想:

Saki02

ということで、中堅戦から副将戦へというのが、今週の展開でした。

中堅戦は、どうなんでしょう。原作通りは原作通りなんですが、もう少しゆったりとやっても良かったかなという気がします。せっかく久に調子が戻ってきたんですから、彼女の闘いをもう少し見たかったという感じでした。

そして、中堅戦の相手たちもいい感じだったので、もったいなかった気がしますね。特に、姫松高校の愛宕 洋榎はもう少し見たかったかも。

そして、副将戦。いよいよのどっちの登場です。

今までもそうだったのですが、のどっち原村 和の強さって今一つ分からないんですよね。デジタル麻雀。それは分かるんですが、どか勝ちしないからなんでしょうね。

そして、今回の相手は、どか勝ちする”悪石の巫女”こと薄墨 初美。のどっちの嫌いなオカルト麻雀雀士なんですが、どう相手するんでしょうか。そして、”悪石の巫女”とは一体何かですね。

どうやら、宮守女子高校の臼沢 塞や、姫松高校の愛宕 絹恵は、その実態を知っているようでしたが、のどっちは知らないという感じでしょうか。特に塞がポイントになりそうな感じですね。

ところで、のどっちが登場したことで、エンディングが変わりました。『咲 -Saki-』のシリアスエンディングソングは、いつもカッコイイので期待していました。そして、やっぱり格好良かったですね。いいですねぇ。

次週からがますます楽しみになりました。

http://burninglegend10.blog.fc2.com/blog-entry-378.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/02/saki2-7.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-2349.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/-saki-22307-745.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/tb.php/3729-27b0e813

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。