Saki01

咲 -Saki-  全国編 第5局「神鬼」です。

はい、はい、今週もやってきました『咲 -Saki-  全国編』です。熱血美少女麻雀アニメですね。この冬のアニメでは、これを一番の楽しみにしています。

うちのブログでは、先々週『咲 -Saki-  全国編』のアクセスがトップだったのですけれど、先週はがくっと減っちゃいました。先週から本編が始まったのですが、どうして減ったんでしょうね?

それはともかく、『咲 -Saki-』にしても、そのスピンオフの『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』にしても、かなりなスロースターターで、試合が本格的に始まってからは異常に盛り上がったので、これからでしょう。

実際後半になると、『咲 -Saki-』、そして『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』と、非常に燃える展開で楽しませてくれました。なので、今回も期待していますです。

ちなみに、今までの感想はここを遡ってくださいな

先週から全国大会の試合が始まりました。やっぱり、試合はおもしろいですねぇ。清澄高校の先鋒は、ずっと片岡優希ちゃんなんですが、いつも通りに猛烈なスタートダッシュを見せてくれました。ですが、立親を終わって今後どうなるかというところでしょうか。

ということで、咲-Saki- 全国編 第5話「神鬼」感想行きます。

原作は、『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も『シノハユ』も『咲日和』も既読です。アニメ版『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も視聴済みです。

あらすじ:公式から引用)できず

清澄高校の先鋒は、東場戦には滅法強い片岡優希。しかし、東場が終わった後でも、優希は勢いを失いながらも、トップを維持していた。

そして先鋒戦もオーラス、最下位だった永水女子の神代小蒔の様子が、突然豹変する。

そして、試合は次鋒戦を迎える。

感想:

Saki02

ということで、いつもながらに、優希ちゃんの試合は、立親を終わるとあっという間におわっちゃいますね。まぁ、活躍するのがその場面だけなので、仕方がないといえばそうなんでしょうが。

でも、やっぱり優希ちゃんのラストのリーチはどうなんでしょうね。個人戦で本当のオーラスならば、あの場面でのリーチはないんでしょうけれど、これは団体戦なので点差を広げておくという意味でもありでしょうね。

それにしても、染谷まこちゃんの能力は、いつもながらになんでしょうね。まぁ、今まではデータ麻雀的に、場を読む能力かと思っていたんですが、今週を見ているとそれを能力キャンセラー的に使えるという感じでしょうか。ただ、優希や咲の能力に比べると、まだ普通ですかね。竹井久よりは、まだ能力系に見えますけれど、まぁ異常能力ではないですね。

さて、先鋒戦に戻って神代小蒔です。オーラスで特殊能力の一端を見せましたが、あれは神降ろしですよね。ただ、どういう神を降ろしているのかわからないので、怖さが見えないですね。この先永水女子が勝ち上がれば再登場でしょうが、どうなんでしょうか。

まぁ、原作で結果は知っていますが。

先鋒陣では、シロももう一回見たいですね~。

ということで、史上最弱の能力者エイスリン・ウィッシュアートも負けちゃいましたので、次は中堅戦です。しかし、点差が広がりませんね。

ところで、エンディングは、今週予想通り姫松高校編でした。ということは、一回りしたので「Futuristic Player」のようなカッコイ特殊エンディングが来るんでしょうか?

そして、久の闘いや如何に?

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/-saki-20205-62f.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/02/saki2-5.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-3705.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。