Gs01

銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第三話「八軒、高く跳ぶ」です。

やってきました『銀の匙 Silver Spoon』の第2期です。

ただ、2期と言っても、1期目が始まるときから1月から2期があるということだったので、変則2クールって感じですね。なので、タイトルも『銀の匙 Silver Spoon』はそのままで、サブタイトルに「秋の巻」がついています。

第1期の感想はここを前にたどってください

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

第1期のエピソードとしては、八軒の成長物語りを子豚の豚丼を通して描いたといった感じだったでしょうか。物語りとして、綺麗にまとまっていたと思 います。キリも良かったと思いますし。

先週は副部長が登場しました。1クールでの豚丼のような役割りを担うのかという感じですが、どうなんでしょうか。それよりも、駒場でしょうか。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第3話「八軒、高く跳ぶ」感想行きます。

あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。

あらすじ:公式から引用)

秋大会に向け、障害ジャンプに挑戦する八軒たち。

仲間が次々とクリアする中、ひとりマロン号にそっぽを向かれた八軒は…。

感想:

Gs02

『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

で、2クール目になってから、第1話、第2話は、八軒の成長物語りからは少しポイントがずれているというか、方向性が違っている感じでした。

まぁ、八軒本人でなくっても、周りの人物の出来事が、彼の成長を促すということはあるでしょうけれど。

そして今週は、乗馬部での障害ジャンプ練習を使っての、八軒自身の成長物語りになっていました。

副部長はあまり関係なかったですが。

まぁ、彼が引っかかっている部分は、最初からかなり分かりやすかったといいますか、想像がつきましたよね。ただ、その達成部分の見せ方がなかなか面白かったと思います。そして、確かに乗馬すると、もう見える景色というか視界が全然違うんですよね。それで、歩いたり駈けたりすると、もう結構人生観が変わりますよ。

しかし、御影のお父さんも駒場のことを語っていました。そこに何があるんでしょうか?

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/silver-spoon123.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。