Gs02

銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第二話「八軒、副部長を拾う」です。

やってきました『銀の匙 Silver Spoon』の第2期です。

ただ、2期と言っても、1期目が始まるときから1月から2期があるということだったので、変則2クールって感じですね。なので、タイトルも『銀の匙 Silver Spoon』はそのままで、サブタイトルに「秋の巻」がついています。

第1期の感想はここを前にたどってください

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

第1期のエピソードとしては、八軒の成長物語りを子豚の豚丼を通して描いたといった感じだったでしょうか。物語りとして、綺麗にまとまっていたと思 います。キリも良かったと思いますし。

先週はその1クールを受けた続きでした。普通に日常が始まるという感じで、物語が始まりました。あまり何かがあるという感じでもなかったですが、やはり秋ということで少し物悲しい感じでしょうか。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第2話「八軒、副部長を拾う」感想行きます。

あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。

あらすじ:公式から引用)

御影の涙が心に引っかかりつつも、期末考査が終わって恒例の校内ゴミ広い。

石窯に引き続き、八軒が拾った意外なものとは…。

感想:

Gs01

『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

今週は、犬の副部長がやってくる回でした。

第1クールは、豚の豚丼が八軒の成長のメタファーとして用いられ、かなり重要な位置を占めていました。この第2クールでは、この副部長がその役割を担うのでしょうか。いや、食べられないので、それほど重いわけではなさそうですが。

それとは別に、第2クールが始まってからずっと御影が暗そうな雰囲気なのが気になります。いや、原作でその先は当然知っていますけれどね。

それにしても、牛や馬に足を踏まれるって、あれくらいで済むんでしょうか?「動物のお医者さん」とかだと、もっとたいそうなことのように描かれていたような気がしますが。

ということで、次週あたりからいよいよ本筋が始まる感じでしょうか。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/silver-spoon116.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。