Ssz01

世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第1話 「人類皆征服」です。

ということで、休日出勤やらで遅くなりましたが、『世界征服~謀略のズヴィズダー~』の感想を書いておくことにします。次週からは、日曜日に感想を書きます。

実は(?)、この冬のオリジナルアニメでは、もっとも期待しています。って、最近はオリジナルアニメの方が減っている気もしますが。

監督が岡村天斎さんで、キャラクターが黒星紅白さん、制作がA-1 Picturesで、TYPE-MOONが絡んでる(?)って感じでしょうか。期待は、岡村天斎さんと黒星紅白さんの部分です。

まぁ、内容的にはギャグっぽい印象がありますし、昨今のガイナックスというかトリガーというかの作風っぽい感じもしていましたが、まぁ開けてみるまで分かりませんね。

ひとまずは、しばらく様子見という感じになりそうですが、期待は非常にしています。

ということで、世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第1話 「人類皆征服」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)できず

Ssz03

世界は征服されたがっている───!!
岡村天斎×星空めてお(TYPE-MOON)×黒星紅白
異色タッグで放つ、完全新作オリジナルTVアニメーション始動!

岡村天斎×星空めてお(TYPE-MOON)×黒星紅白
異色タッグで放つ、完全新作オリジナルアニメーション企画
過去の指導者たちが思い描いた世界征服は、ただの妄想に過ぎなかった。
世界征服とは―――いまだかつて誰も為し遂げたことのない栄光。
一人の幼女、星宮ケイトに為されるまでは、それがどれだけ恐ろしく輝かしい行いなのかを知る者は存在しなかった。
我らがズヴィズダーの光を、あまねく世界に!

感想:

ということで、始まりました『世界征服~謀略のズヴィズダー~』です。

面白いですねぇ~。巷では、今期の幼女枠とか言われていますが、そんなことは置いておいて面白いです。

アバンは、どうやら征服後の世界で、物語りは征服が始まった辺りからスタートしたというような感じです。

まだ良くは分かりませんが、世界には何か征服力とか未確認生物とか、不思議なものが溢れていて、それを巡って何かが動き始めているようですね。どうやら、戒厳令も一般化しているように見えましたし。

そんな中で、世界征服を目指す組織が「ズヴィズダー」で、その首領が星宮ケイトということですか。

Ssz02

彼女がなぜ世界征服を目指すのか、どうしてあんな力を持っているのか、そして日本政府側についていると思われる組織は、何者なのか色々分からないところがあります。

ただ、第1話の中盤以降急激に面白くなったように、脚本もよさそうなので、楽しみにしたいと思います。ただ、前半のようなケイトと明日汰の会話が延々続くのは勘弁してくれという感じですが。声がちょっとね。

で、作画ですが、キャラクターは黒星紅白さんなので、可愛いいい感じ。良く動いていましたし、今のところは良いと思います。特に、征服実行する場面が良かったですね。

あと、今回のエンディングに流れたのが、オープニングなんだと思いますが、なかなかいい感じです。坂本真綾さんの歌も良かったし、映像も物語りの内容を良く現している感じで良かったです。

しかし、Cパートに出てきたあの二人は、一体誰なんだ~。(笑)

ということで、「我らがズヴィズダーの光を、あまねく世界に!」。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/tokyomx11101-d5.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-1414.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。