Gg01

ぎんぎつね 第10話 「いーじゃん別に」です。

はい、『ぎんぎつね』も第十週です。うちのブログでのアクセス数だけを見ていると、ちょっと苦戦している感じだったのですが、ここしばらく安定して 上位に食い込んでいる感じです。まぁ、どうやら他のブログ記事のアクセスが落ちてきたのに対して、安定しているからのようです。

さて、『ぎんぎつね』は、神社の跡取りの少女と、神の使いの狐様との心の交流を描く、ハートフルファンタジーということらしいです。

前にも書きましたが、ちょっと我慢できずに、先に原作を読んでしまいました。アニメではちょっとエピソードのシャッフルがありますが、やはり3巻辺りが終盤だと思っていました。ところが、どうもラストのエピソードと思っていたのが次週のようなので、ちょっと予想と違いました。どうまとめるのかな?

いや、まだそんなにも読み進んでいないんですが。

ということで、ぎんぎつね 第10話「いーじゃん別に」感想行きます。

原作は読み始めました。途中まで読んでいます。

あらすじ:公式から引用

夏越の祓(なごしのはらえ)の準備が近づき、達夫から「友達連れておいでよ」と言われた悟は困惑していた。

剣道部で熱心に頑張っていたが、相変わらず他の部員となかなか打ち解けられずにいたからだ。

ある日、同じ剣道部員の小杉といざこざを起こしてしまい、間に入った主将の絹川と剣道で勝負をつけるハメになる。

感想:

Gg02

ということで、今週は、完全に悟のエピソードという感じですね。というか、「ぎんぎつね」である必要もないかもしれないという感じ。

ただ、悟のエピソードとしては、今までのもやもやの集大成という感じで、主将の絹川と達夫パパのおかげで綺麗に決着がついた感じでしょうか。ハッキリ言って「ぎんぎつね」である必要性は薄かったとは思いますが、内容的にはすごく面白かったです。

悟は、結構最初から人との間に壁を作るタイプだと思いますが、まことや今週の絹川主将のように、その壁を気にせずに乗り込んでくるタイプに弱いように見えますね。ユミもそうか。

その中間が達夫パパという感じでしょうか、まぁ大人ですしね。

ただ、その壁が厚くなったり薄くなったりするように見えるのは、ハルには壁がないからでしょう。なので、ハルが前に出てくるエピソードでは、壁が薄くなったように見えていましたが、結局人間との間にはそれが残ったままだったということなのかな?

それが、今週の絹川主将と、まぁ小杉の言動で幾分解消されてましになったということなのでしょう。

言ってしまえば、それだけのエピソードなんですが、なんだかホンワカして良かったです。最後に杉田さん生徒会長を持ってきたのも効いていたような気がします。

しかし、悟あんなに背が低かったっけ?

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/120810-7149.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。