Gd02

ガリレイドンナ 第七話 「ソルトフィッシュ」です。

ぎょぽ~ん。

『ガリレイドンナ』も第七週目です。サブタイトルが相変わらずかなり安易な感じ。

舞台設定的には、近未来のイタリアですか。氷河期到来で、地球が冷え込んでいる設定のようです。どうやら、空飛ぶ交通が一般化しているようですね。

先週は、物語りの大きな転換期だったような気がしますが、どうも脚本も安易な感じがしていけませんね。まぁ、予想していた内容と、実際の内容が違って、こちらの思惑通りに物語りが進んでいないだけともいえるのでしょうけれど、全体にエピソードが練り込まれていないというのもあるような気がします。

大きくは、ガリレオテゾロをめぐる攻防というのが物語りの核なんでしょう。そして、それを追う三つのグループを三姉妹を中心に描くと。そのはずなんですけれどねぇ、それぞれが上手く繋がってこないというか、つぎはぎになっているという感じがします。

ということで、ガリレイドンナ 第7話 「ソルトフィッシュ」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用

ガリレオテゾロは膨大なエネルギーだった。それは星月の持つ砂時計の中にある。

三姉妹から奪うため、ロベルトはガリレオ号を捕まえる。

三姉妹は必死に抵抗するが、本気を出したロベルトにとっては赤子も同然だった。

感想:

Gd01

今季のノイタミナ枠です。

やはり先週はお話の転換期だったようで。金魚のアクセサリがガリレオテゾロだったと考えてもよさそうですが、確定なんでしょうか。

今週は、重い使命を背負った三姉妹の行動が描かれました。

葉月ちゃん(長女)は、巨大企業アドニムーン・カンパニー許すマジということで、徹底抗戦。

神月ちゃん(次女)は、闘うのはいやだよという立場。

星月ちゃん(三女)は、スケッチを探し続けたいなという立場。

で、武力抗争の素人な三姉妹には、正面切って闘えるわけもなく、結局金魚のアクセサリを奪われます。

それを受けて、葉月ちゃんの思惑と星月ちゃんの思惑は、ガリレオのスケッチを追うということで一致するわけですが、神月ちゃんはまだ納得していない感じですね。どうなるんでしょうか。

ただ、結局、脚本的にはどうもしっくり来ないといいますかなんといいますか。

金魚アクセサリを奪うならば、先週あの現場で奪えばいいわけですし、正体がばれたアンナがどうして三姉妹に許されているのかもさっぱりわかりません。

そもそもロベルトは、最初三姉妹を確保しようとしていたわけで、それを今まで泳がせている理由が分からないですね。今週のようにあっさりと制圧できるのならば、やってしまえばいいわけで。泳がせておいて、ガリレオテゾロの秘密を探ろうとしたというのもなんだかしっくり来ないですし。

あと、今週不時着したところに、たまたまスケッチがあった理由もよく分からないですし。

まぁ、冒険活劇だと思っていたので、そこは許容範囲と考えていたのですが、テーマがどうも違っているようなので、もう少ししっかりとエピソードを練ってほしい感じがします。

次週は、日本に行くようですが、ガリレオ号をどうやって修理するのか。気になりますね。

http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1031.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/112107-eab8.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。