Gg02

ぎんぎつね 第7話 「神社とお寺」です。

はい、『ぎんぎつね』も第七週です。うちのブログでのアクセス数だけを見ていると、ちょっと苦戦している感じだったのですが、先々週ぐらいから安定している感じですね。まぁ、どうやら他のブログ記事のアクセスが落ちてきたのに対して、安定しているからのようです。

さて、『ぎんぎつね』は、神社の跡取りの少女と、神の使いの狐様との心の交流を描く、ハートフルファンタジーということらしいです。

前にも書きましたが、ちょっと我慢できずに、先に原作を読んでしまいました。アニメの本番は、原作2巻以降だと思っていましたが、ちょうど今が第2巻ですね。やっぱり、ハルと悟というか、ハルがいると賑やかになって、お話しが盛り上がりますからいいですね。

いや、まだそんなにも読み進んでいないんですが。

ということで、ぎんぎつね 第7話「神社とお寺」感想行きます。

原作は読み始めました。途中まで読んでいます。

あらすじ:公式から引用

ハルに付き合い、まこと、銀太郎、悟の四人で歩いていると、大きなお寺の前を通り掛かる。

どこかで聞いたような声が聞こえると思ったら、そこはユミの彼氏・将平の実家だった。

中に通されると将平のユニークな家族の他に、お寺の中にある神社には、いたずら好きな神使がいた。

感想:

Gg01

ということで、先週までで悟とハルのエピソードが一段落ついたので、今週は、彼らが普通に登場人物、ただし神使が見える側の人物としてエピソードに加わることになりました。やはり、神使が見える人物が共にいると、エピソードを作りやすくなりますよね。

まことは、神使が見えるにしても、どちらかというと神使側に近いというか、キモチを同調させてしまうタイプなのに対して、悟はニュートラルな感じですね。ハルに対しては、ちょっと違いますが。

ということで、猿の神使に対して、どうしても同情的なまことでしたが、銀はそんなまことのことをよく分かっていて、色々と付き合ってやっている感じです。銀の優しい感じが非常にいい感じです。

今週は、今までで、一番面白かったんではないでしょうか。予想通りハルと悟が登場して面白味が増している気がします。

このまことと銀の関係を縦軸として、こんな感じで色々な神使が登場すると面白いんですが、今後はどうなるのでしょうね。

あと、神社と寺の関係とか、まぁ学校で習ったことではありますが、ちょっとした知識の披露もあったので、余計に面白かった気がします。

さらには、一段落ついたことで、今後は周りの人間たちの深堀りが始まっていくようです。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/111707-0ea1.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。