Gg02

ぎんぎつね 第4話 「悟とハル」です。

はい、『ぎんぎつね』も第四週です。ずっと書きましたが、うちのブログでのアクセス数だけを見ていると、ちょっと苦戦している感じでしょうか。

さて、『ぎんぎつね』は、神社の跡取りの少女と、神の使いの狐様との心の交流を描く、ハートフルファンタジーということらしいです。

前にも書きましたが、ちょっと我慢できずに、先に原作を読んでしまいました。アニメの本番は、原作2巻以降でしょうね。恐らくは、ハル達が登場して以降かと。

いや、まだそんなにも読み進んでいないんですが。

アニメの3話までは、原作の上澄みをすくったような感じで、助走という段階ですね。原作からのエピソードの取捨選択もそういう感じで進められているような感じです。恐らくは、悟とハルが登場する今週からが本番だと思います。

ということで、ぎんぎつね 第4話 「悟とハル」感想行きます。

原作は読み始めました。途中まで読んでいます。

あらすじ:公式から引用)ようやく、あらすじ更新されましたね。

父親の達夫から「来週、新しい家族が増える」と告げられ驚くまこと。知り合いの神社の子を預かるという。

しかも同級生男子!なぜか学校でも転校生がくると話題になっていた。

そんな時、銀太郎はいつものように拝殿でごろ寝をしていると、自分を見ている男子高校生が目の前に立っていた。

感想:

Gg01_2

ということで、今週は、新しい仲間が登場するという回でした。今まではハートフルエピソードという感じでしたが、そこから少し脱却するという感じでしょうか。

その中心となるのが、悟とハルですね。

やはり、まことと銀太郎だけですと、どうしても広がりに欠けますよね。銀太郎は出無精といいますか、基本的に神社にいますし、まことも外向的ではないですよね。

ということで、悟の家庭環境やハルとの関係が語られるわけですが、ちょっとテンポが悪いですね。2週に分けたからだと思うんですが、ここまでイベントがないのならば、1週でやっても良かったんではないかなぁ。

ただ、ハルがやはりいい意味で、波風を立ててくれているので、この先面白くなりそうです。

ハルの言った正中に立つとか、そういう辺りをもっとやってくれるとうれしいんですが。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/102704-6d96.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。