Gd03_2

ガリレイドンナ 第一話 「ガリレオDNA」です。

はい、うちのブログの2013年秋アニメの第5弾は、『ガリレイドンナ』です。一応、感想記事は、この5本目で打ち止めの予定です。映画の感想は、ぽつぽつ入りそうですが、テレビアニメは、一応二週目なので、ほぼ確定ですね。

実は、この秋のアニメでは、監督の梅津さん始め、スタッフに自分の好きなメンバーがそろっているので、結構期待しています。

舞台設定的には、近未来のイタリアですか。氷河期到来で、地球が冷え込んでいる設定のようです。こういう近未来の描き方は、震災以降変わったという気がします。やはりフィクションは、現実に引っ張られますね。

ということで、その辺りことは置いておいても、たぶん主人公(?)の星月ちゃんが、この秋アニメでは一番のお気に入りになるはずなので、楽しみに見ることにします。。

ということで、ガリレイドンナ 第1話 「ガリレオDNA」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用

Gd07

星月・フェラーリは見知らぬ誰かに追われていた。

同じ頃、彼女の二人の姉、神月と葉月も知らない男たちに襲われる。理由に心当たりのない三姉妹だったが、状況を重く見た警察は護衛のためフェラーリ家にやってくる。

そこにあらわれた思いがけない訪問者とは…?

感想:

今季のノイタミナ枠です。

ということで始まりました『ガリレイドンナ』です。第1話としては、何がなんだかという感じですか。

映像的には、どうもオープニングも含めてちょっと古臭い感じがしましたが、恐らくキャラの顔がイタリア人ということではっきりくっきりしていたことと、色遣いが全体に濃い原色のイメージがしたからでしょう。

それでも、主人公の星月、神月、葉月の三姉妹は可愛いですし、メカなど謎は十分に盛り込まれているので、次週からも楽しめそうな感じがします。分かりませんけれど。

物語は、今週を見る限り、ガリレオのお宝を巡っての近未来アクションって感じでしょうか。主人公は、ガリレオの子孫である三姉妹で、どうやら三人の性格はバラバラっぽい感じですか。

長女・葉月は法律を学ぶ大学生だけれども、どうやら奔放な正確な様子。次女・神月ちゃんは、どうやら拳法ができる武闘派っぽかったですが、性格は臆病なのかも。で、我らが三女・星月ちゃんは、科学好きのおっとりした性格のご様子。

この三人を中心に物語は進むのでしょうが、とりあえず近未来の描写と誰かが三姉妹を追っていることだけが分かった状態で、まだイントロのイントロって感じです。ただ、絵的には、期待が持てそうですし、星月ちゃんが可愛いので、今後も楽しみにしたいです。

OP/EDですが、OPは歌も含めて全体に古臭い印象。ラストの星月ちゃんが可愛い。EDは、星月ちゃんが可愛い。それだけですね。特に曲が良いとか、そういう印象はありませんでした。

ただ、古臭いっていうのは、全般に感じられるところで、狙っている可能性は十分にありそうですね。ちょっとそれもあってか、全般に主張が強くなく、方向性が良くわからない印象が強かったです。期待しているので、盛り返しをお願いしたいところです。

とにかく、次週からも楽しみにしたいと思います。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/101001-7bf1.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。