Gg02

ぎんぎつね 第1話 「十五代目と銀太郎」です。

はい、うちのブログの2013年秋アニメの第3弾は、『ぎんぎつね』です。ウルトラジャンプに連載されているマンガが原作です。結構前から原作には興味があったので、アニメを見ることにしました。ただ、結局まだ原作を読んでいないので、詳しい内容は知りません。

ウルトラジャンプといえば、『はやて×ブレード』ですが、アニメ化しないんですかねぇ。あれほど何回もドラマCD化しているのですから、是非やって欲しいんですけれど。

さて、『ぎんぎつね』でした。神社の跡取りの少女と、神の使いの狐様との心の交流を描く、ハートフルファンタジーということらしいです。

神社とか、神とかという設定に滅法弱い、サブカル好きですが、ハートフルなのでどこまでその辺りの設定に凝ってくれるのか気になりますが、まぁのんびりと楽しんでみることにします。

ということで、ぎんぎつね 第1話 「十五代目と銀太郎」感想行きます。

原作は読みたいなと思っていますが、まだ読んでいません。

あらすじ:公式から引用

冴木まことは江戸時代から続く小さな稲荷神社の十五代目で、高校生の女の子。

正式な跡取りのまことには、普通の人には見えない神様のつかいである”神使”の狐・銀太郎の姿が見える。

ある日、まことは占いができる銀太郎に頼んで、クラスメイトの池上ユミの恋占いをしてもらうのだが、占いの結果をきちんと伝えることができず・・・。

感想:

Gg01

ということで始まりました『ぎんぎつね』です。全体としては、まぁほとんど思っていた通りという展開でした。

第一話ということで、主人公のまことちゃんと、”神使”の狐・銀太郎性格や、二人の立ち位置を描くようなエピソードでした。

二人(一人と一匹?)の関係は、”宮司”と”神使”というよりも、旧くからの友人もしくは、兄と妹といった関係でしょうか。

銀はちょっとひねくれているけれど、悪いやつではなく実際には優しい狐でした。まぁ”神使”なので、当たり前か。

一方まことちゃんは、ちょっとおっちょこちょいで、そして心優しいけれどちょっと気が小さいという感じでしょうか。

物語りは、おそらくはそのまことちゃんの成長と、銀の仲間で、いなくなったもう一匹の”神使”とのやり取りを描くことになるんでしょうね。

周りの人間たちも、恐らく極端な悪人は登場せず、悪そうに見える人も実はいい人的な展開になるんでしょうね。「ハートフル」ですから。

絵は、かなり綺麗で、丁寧に描き込まれているように感じました。悪くないです。

あと、OP/EDですが、うたはあまりピンと来ませんでした。映像は、綺麗ですが、あまり驚くものもなく普通の感じでしょうか。

全体としては、質はいいけれど、ちょっと話題になるには苦しいかもという感じです。自分は、こういうハートフルなのは、好きですけれどね。

ただ、同じ神様マンガなら、『かみあり』をアニメにと思ったのは、秘密です。(苦笑)

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/100601-8f56.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。