Ty01

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「いつかくるその日まで、なのでです。

ということで、『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第十一週目です、なので。最終回は第何話でしょうか。この感じだと、今週が最終回のような勢いですが。

先週は、「私たち展」への前振りだったのですが、というよりも、かなえ先輩のお話しの前振りだったような感じがします。

もああぐれっしぶな楓ちゃんが、今期の表テーマならば、楓ちゃんとかなえ先輩の写真部活動がもう一つのというか裏テーマだと思います。なので、このかなえ先輩のエピソードが本線だとは思います。

ならば、「私たち展」でのかなえ先輩がラストエピソードでもいいとは思うんですけれどね。

では、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「いつかくるその日まで、なので」感想行きます。

まずは、公式からあらすじを引用しておこうかと思いましたが、予想通りまだ公式には出てませんね。

あらすじ:

12月31日の大晦日、今年もやって来ました「私たち展」。

皆準備に忙しいが、どうもかなえ先輩は、少し暗い表情。というのも、かなえ先輩は、この大晦日が過ぎれば、受験終了までカメラを封印するから。そして、かなえ先輩の最後の写真部活動だから。

そんな「私たち展」ですが、今年も大盛況。無事に終わります。

そして、さよみさんに連れられて、皆は海に出かけます。そこで、自分たちの気持ちを海に向かって叫ぶ皆。特にかなえ先輩は、堪えきれずに涙をこぼします。それは・・・。

感想:

Ty02

先週も書きましたが、皆が2年生なのに一人三年生のかなえ先輩、どうするんだろうってずっと思っていました。先週から、そこにスポットが照った感じになっています。

やはり、「もああぐれっしぶ」ということで、写真部活動がテーマなんですね。

そして、かなえ先輩を先輩にしたのは、ここでの別れを描きたかったからなんでしょうね。

実際、今週の海のシーンは良かったです。というか、もう「私たち展」が終わって、一休みしている場面辺りから、もううるうる来ていました。特に、海のシーンは良かったです。

今週は、全般に絵も綺麗でしたし。ただ、もう少し動いてくれるといいんですけれどね。

最初に、全部で何話なんでしょうなんて書きましたが、次週が最終回です。今週、かなえ先輩との別れを感じさせるエピソードでしたが、実際には、まだ別れは来ていません。

恐らくは、次週最終回に本当の別れが来るんでしょうね。ひょっとすると、その辺りで、彼女たちの将来の目標が明確になる?それとも、それは3期?

次週が楽しみです。

1期の感想は、ここを前に

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/tokyomx91111-19.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。