Gs01 銀の匙 Silver Spoon 第九話「八軒、豚丼に迷う」です。

本当は昨日感想を書こうと思っていたんですが、ちょっとUSTREAMに没頭しちゃって、書き損ねてしまいました。どうも、木曜のアニメの感想は、きちんと書けない。

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

先週は、夏休み編も終盤で、そこそこ仕事に慣れてきた八軒が、大きな失敗をしてしまい牧場に迷惑をかけるエピソードでした。そしてそれで、彼は自分の悩みと正面から向かい合うことになります。逃げるわけには行かなくなったわけで、一つ階段を登った感じがします。

そして、今週は、いよいよ学校に戻ってきます。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 第9話「八軒、豚丼に迷う」感想行きます。

、あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。

あらすじ:公式から引用)

御影の家でのバイトを終え、寮に戻った八軒。

久々に豚丼に会いに行ってみると、そこには、でぶ~んと肥え太って、豚らしくなった豚丼が…!

しかし、それは同時に、豚丼の出荷が迫っていることを意味していた…

感想:

Gs02 『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

夏休みを終え学校に戻ってきた八軒と、御影。八軒は、先週の失敗を乗り越えて、どこか少し吹っ切れた感じもありますね。

ということで、この『銀の匙 Silver Spoon』も残りが少なくなり、八軒の成長物語りとしての一つの区切りが近づいて来ています。

区切りはやはり、「豚丼」でしょう。アニメの始めのころから参加していて、八軒の成長と共に段々と成長して大きくなってきていますし、彼の心の象徴でもありますね。

やはり、八軒の成長物語りとしては、「豚丼」に決着をつけない限り、終わることはできないですよね。ということで、今週は出荷を迎えられるほど大きくなって来た「豚丼」が登場します。ただ、それは出荷可能と認められないほどの貧弱な成長でした。

ならばと、八軒は「豚丼」を必死で世話するわけですが、それは可愛いからだけでなくて、過去の自分にケリをつけることを現しているようにも思えます。

ところで、この『銀の匙 Silver Spoon』は変則2クールらしいので、1クール目の山場が「豚丼」ということで、2クール目は、原作通りに進むんでしょうね。ただそれだと、ちょっと2クール目の切れ目が悪そうな気が気がしますがどうなんでしょう。

しかし、若いころに何かについて意見をぶつけ合って真剣に議論するって、いいですよねぇ。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/silver-spoon905.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。