Ty01 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なのでです。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』も第八週目です、なので。

先週の横須賀編を踏まえて、今週はいよいよ竹原の花火大会でした。

先週は、横須賀でのちひろちゃんとの再会だったわけですが、ちょっと余計だったかなという感じもありますが、花火の写真が、伏線になっているわけですね。

まぁ、先週の作画がどうにもちょっと今一つだったので、どうなのかなと思っていましたが、今週が竹原の花火大会だったので、そのために今週にメンバーを配分したのではないかと思いましたが、さて出来はどうだったでしょうか。

ということで、たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なので」感想行きます。

まずは、公式からあらすじを引用しておこうかと思いましたが、予想通りまだ公式には出てませんね。

あらすじ:

竹原の花火大会の日です。

横須賀からは、幼いころ花火大会を見ると約束したちひろちゃんがやってきました。二人は、楓ちゃんのお父さんが言っていた秘密基地の場所を知りたいと思いましたが、もうお父さんはいません。

そんな楓ちゃんに、志保美さんが、自分の写真展に写真を展示しないかと誘います。

楓ちゃんは、竹原の花火の写真を、写真展に出せるようなもので撮れたならば、と応えます。

そんな楓ちゃんとちひろちゃんが花火をみようとやってきた場所は、秘密基地のような場所でした。

感想:

Ty02 今週は、いよいよ竹原の花火大会でした。作画は、先週と比べて復活していました。なかなか良かったと思います。ただ、花火のシーンは、もうちょっとという感じもしましたが。

ということで、今週は、もう完全に楓ちゃんとちひろちゃんの思い出物語りでした。それにしても、二人とも泣きすぎでしょう。

ちょっと、二人のエピソードの繰り返しがくどかったかもと感じましたが、秘密基地のシーンは良かったですね。

それと、もう一つのポイントが、志保美さんの写真展ですか。

楓ちゃんの凛々しい表情から、「もああぐれっしぶ」なキモチが伝わって来ましたが、あの感じだと、良い写真を撮ってくれるような気がします。

一方で、かなえ先輩ちゃんはどうなんでしょうねぇ。もう少し、スポットをあてて欲しいかも。というよりも、先生が良かったかな?

1期の感想は、ここを前に

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/tokyomx82108-2c.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2376.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。