Gs01 銀の匙 Silver Spoon 第四話「八軒、ピザを焼く」です。

前回も書きましたが、この夏のアニメではこの『銀の匙』が一番人気なのかなと思っていたんですが、今一つアクセス数が延びません。

というか、うちのブログの感想記事が、どうにも、ネットでアクセスが多い人気作を外してしまっているというのもありそうですが。

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

先週は、八軒の中学生時代の挫折が若干垣間見えた感じでしたが、その辺りが本来このアニメの縦軸なんでしょうけれど。後、人気の豚丼が登場しました。可愛いですね。

まぁ、ノイタミナなので、全体としては破綻なく作ってくれるとは思いますので、その辺りはあまり心配せずに、それなりに期待しておきたいと思います。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 第4話「八軒、ピザを焼く」感想行きます。

で、あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。

あらすじ:公式から引用)

校内のゴミ拾い中、ゴミ山の中から石窯が発見された。

それをきっかけにピザ作り担当に任命された八軒。ピザなど作ったことのない八軒だったが、ピザの宅配圏外に住む多くのクラスメイトからの熱い願いを断ることができず、渋々引き受けることに。

感想:

Gs02 『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

今週になって、中学時代の担任であった白石先生が、八軒の様子を見にエゾノーを尋ねて来ました。ということで、八軒がどういうことに悩んでいたのかが、明確になった感じです。

その辺りの様子を描くために使われたのが、ピザでした。八軒が、勉強以外の何かに必死になる様子を見せて、彼の成長を描くという感じでしょうか。

ただ気になったのが、あれでおいしいピザが焼けるのかということ。(苦笑)

まず、生地の発酵をさせていないように見えたのが、疑問ですね。あと、オイルや香辛料などを使っていないのが気になりました。まぁ、どうでもいいですけれどね。

ピザで、一つ階段を登ったような八軒ですが、今後はどちらに向かって進んでいくのかがポイントになりそうです。

http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2901.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/silver-spoon801.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。