Gg01 翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」です。

今週は、東京女子流ちゃんの記事を書いていて、感想がおそくなりました。(苦笑)

さて第9話では、意外な事実が判明して、やっぱり黒虚淵じゃんと、ガルガンディア界隈では話題になっていました。

というか、ヒディアーズが進化系か、退化系だろうというのは、皆さん想定していた雰囲気だったのですが(自分もそうですが)、まさかそういうことだったとは思わなかったみたいですね(自分もそうですが)。

今週は、恐らくはレドの苦悩が描かれることになるんでしょうけれど、彼のアイデンティティがどこにあるのかということが、議論になるんでしょうか?当初は、戦いの中にあったのでしょうが、ガルガンディアに来てからのことが、彼にどう影響しているかがポイントかな?

ということで、翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」感想行きます。

原作は、ニトロということですが、ゲームがあるわけでもないので、オリジナルですね。

あらすじ:公式から引用)できず

ヒディアーズを全滅させた、レドだったが、彼らが人類の進化系だと知り、一人悩む。自分の戦いの意義とは?

そして、ピニオンは、掘り出した武器を使い、勢力拡大をはじめる。

感想:

感想には、今週のネタバレが含まれます。

Gg02 先週をみた時点では、レドが悩んで、結果としてヒディアーズと人類の共存を模索するのかなとも思いましたが、あっさりと否定されました。

ヒディアーズは文明を捨てた人類。なので、共存しようにも、人類に文明の放棄を求める。そうするならば、人類が人類であるためには、ヒディアーズと共存することはできない。種族戦争に勝ち残るためには、敵であるヒディアーズを殲滅するしかないと。

まぁ、チェインバーがいうことなので、それが全て正しいとは思えないのですが。というのも、少なくともレドというかチェインバーが来までは、棲み分けができていたと思われるからですね。

で、その辺りのお話しになるのかなと思っていたら、いや~意表を突いた展開です。

レドは時空を超えてきたと思うので、どこかでは、宇宙への展開があるのかなとは思っていましたが、まさか向こうからとは。

次回も目が離せません。

http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3438.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/tokyomx60910-e0.html

※ 注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。