Rdg01 RDG(レッドデータガール) 第7章「はじめての迷子」です。

さて、『RDG(レッドデータガール)』も第7話です。 先行放送は見ていません。

先行放送は、もう9話まで進んでいるようですね。もう終盤近くなっていますね。

原作の感想は、全巻書き上げてますので、気になる方はそちらを読んでください。リンクを貼っておきます。ただ、最終巻まで感想を書いてますので、ネタバレを避けたい方は、ご注意を。

『RDG(レッドデータガール)』原作の感想はここ

さて、戸隠編になって、2週目です。あの世界の描写をどうするのかなと気にしているのですが、いきなり今週はそこからです。

ということで、RDG(レッドデータガール) 第7章「はじめての迷子」感想行きます。

原作は、既読です。なので、意識せずネタバレを含んでしまう場合がありますのでご注意を。

あらすじ:公式から引用

深行の山伏としての能力を試そうとする真響。危険を感じた泉水子は必死に止めようとするが、こうなったのも自分が深行を巻き込んだからだと落ちこんでしま う。

そんな時、真夏が幼い頃から大切にしている愛馬・タビが病気との知らせが入る。真夏は真響が止めるのも聞かず、真澄に自分の身代わりをさせて合宿を抜け出す。

一人で勝手な行動をとる真夏に、イラ立ちと不安を隠せない真響だが……。

感想:

さてさて、第七話です。

戸隠編ということで、エピソードの中心は泉水子ちゃんというよりも、宗田姉弟ですね。先週の引きがそういう感じでしたし。

Rdg02 先週は、かなりハイテンポで、説明を詰め込んできました。しかし、詰め込んだというよりも、原作の間の情報をかなりはしょってきた感じです。しっかり見て、きちんと考えて、頭の中で補完しないと分からなくなる感じかな。

とくに、この人たちはなんでこんなことをしているのかという辺りが分かりにくいですね。

先週のようにまた後で情報補填するのであれば、もう少ししっかりと、情報を盛ってくれてもいいのではないかなという感じがしました。

ちょっとバタバタな感じがしたので、かなりもったいないイメージでした。絵は、先週から持ち直していたイメージだったんですが。

特に会長の踊りの部分が分かりにくかったかも。

もうひとつ、世界がずれたというか、もう一つの世界がちょっとイメージと違ったかな。もう少し雰囲気が違うイメージだったんですが。

原作を読んでいたときには、この戸隠編までは真響がかなりお気に入りだったんですが、戸隠編ではちょっとイメージダウンした覚えがあります。原作を読まれていない方は、どういう印象なんでしょうか?

さて次週は、いよいよ前半戦の山場です。

楽しみですね。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/rdgtokyomx51507.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-738.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限