My01 まおゆう魔王勇者 第5章 「「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」」です。

『まおゆう魔王勇者』も第5話です。お話もだんだんと積み上げられて、だんだんと難しくなってきました。

勇者は、確か女魔法使い捜索のために魔界へと向かったという設定のはずでしたそして、魔王は、「同盟」との交渉に向かう。一方、南部諸王国は、極光島奪還作戦を練るという感じでしょうか。

さて、先週の放送では、そんな状況の中、魔王視点で「同盟」の動きが強調されていました。この辺りの力関係と位置づけが色々ややこしそうで難しいですね。少し整理してほしいところです。

ということで、まおゆう魔王勇者 第5話 「「魔王っていい匂いだな」「勇者の腕の中はほっとする」」感想行きます。

原作は、未読です。

あらすじ:公式から引用

南部諸王国では、魔族に奪われた極光島奪還のための戦争の機運が高まっていた。そのような中、女騎士は子弟トリオを猛特訓する。

一方、人間が奪った魔界の 町・開門都市をおとずれた勇者は、聖鍵遠征軍の駐留部隊の現状を知ることとなる。丘の向こうへ続く道のために、勇者は行動を決意した!

感想:

ということで、今週は物語りが結構進んだような感じでした。とはいいつつも、どうもストーリーを掴みきれません。本を読んだ方がいいのかなぁ。

My02 最初に書いたように、勇者は女魔法使い捜索のために魔界へと向かったと思ったんですが、開門都市で何だか活動をしていました。えっと、魔界に行ったと思ったんですが、いつの間にそういうことになったんでしょうか?

あと、極光島奪還作戦の戦争と「同盟」の活動がリンクしているのは分かるのですが、それがどう勇者の活動とリンクしているのかも分からないです。自分が開門都市の位置関係を理解できていないからでしょうか。

ぼーっと見ていると、まるっと1週分物語りが飛んだようなイメージがあります。

それはそうと、今週は、久しぶりに勇者と魔王の絡みがありました。二人の痴話喧嘩というか、のろけといいますか、掛け合いが面白かったです。いつも通りなんですけれどね。

それにしても、抱き枕とかバタフライエフェクトとか、設定はどうなんよというのはなしなのか、魔王の裏設定、もしくは魔界の設定がパラレルワールドなのか、その辺りが気になりますが、恐らく原作でも公開されていないような気がするので、この1クールの間に明らかにはならないんでしょうね。

まぁ、それがなくても、楽しめる作品だとは思いますが。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/tokyomx20105-a8.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-812.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。