Zt1 絶園のテンペスト 第4幕「罰あたり、ふたり」です。

絶園のテンペストも第4幕、どうも今週は完全オリジナルっぽいです。

今までも原作既読者からすると、原作を結構改変している部分があって、ちょっと違和感があったりしたんですが、またオリジナルですか。

まだ登場人物が揃ってませんし、そんなことをやっている間に、メンバーを揃えたり関係を構築する方がさきなんではなんて心配してしまいますが。

それはそうと、先週は特に大きなイベントがないというか進みがなくって、原作のツイスト気味の展開がまだまったく見れていませんね。早くもう少し進んでくれると嬉しいんですけれど。あの人とかあの人とか登場してほしいし。

絶園のテンペスト 第4話「罰あたり、ふたり」感想行きます。サブタイトルは、「~、~」の形式でしょうか。

原作は、途中まで既読です。

あらすじ:(公式 から引用)

夏村の追跡を辛くも振り切った吉野と真広。

葉風の隠した魔具を回収する為に、ある山村の近くの神社を訪れたのだが、葉風の帰還を危惧した左門が儀式を早め ており、偶然にも山村近くの果実が目覚めてしまう。

魔具の力で黒鉄病の被害を免れた二人は、雨降る山村で一晩過ごす事となる。

誰もいない民家で、少しばかりの休息を取る吉野に葉風が問いかけたのは、二人の出会いについてだった。

感想:

Zt2 先週にしても、ほとんどオリジナル展開ですね。先週はまだいいとして、今週はどうなんでしょう。

今週の1話だけ見ると、特に問題がなくって、結構よくまとまっていると思いました。ただ、この先を考えると、どうなんでしょう。原作と乖離してこないかなぁ。というか、主人公の二人、特に吉野が何を考えて行動しているかが読めないのが、この物語りのおもしろいところだと思っているんですけれど。う~ん。

そうはいいつつも、二人の出会いというのをやっておくと物語りに深みが出るというのは、よくある手口ではありますね。

深まったかどうかは別にして、物語りが進まなかったことだけは確かですね。まぁ、原作にも途中中だるみがありますから、そこを加工するために前を厚くしたのかもしれません。

ということで、次週はようやくあの人が出てきて、物語りが進みそうです。原作に戻るのかな?

http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない 限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。