Gup ガールズ&パンツァー 第1話 「戦車道、始めます!」です。

さて、『ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)』です。マンガが原作ですか?違うか、先行コミック化ですか?

まぁ、良く知らないのですが、『うぽって!!』とか『ストライクウィッチーズ』とか、こういうミリタリーものって、結構当たりが多かったような気がするので、なんとなく見てみようかと。まぁ、外れになる可能性もかなりありそうな雰囲気はしますが。

ということで、あまり期待しすぎず見ることにします。

では、ガールズ&パンツァー 第1話 「戦車道、始めます!」感想行きます。

コミックス版は、未読です。

あらすじ:公式から 引用)できず。

女性が嗜む「戦車道」。それは、それは伝統的な文化であり、戦車に乗ることを芸道化したものだった。世界中の多くの学校で必修科目となっていた。

県立大洗女子学園に転校してきた西住 みほは、「西住流戦車道」の家元である家の娘だった。しかし、彼女の転校の理由は、「戦車道」をやりたくないから。

「戦車道」の授業がない県立大洗女子学園に転校してきたはずだったが、生徒会長の角谷 杏が、突然「戦車道」を必須科目として復活させると言い出す。

そして、杏がその必須科目のために目をつけたのが、みほであった。

感想:

ん~どうでしょう。第1話としては、ちょっとインパクトに欠けるかなぁと感じますが。

Gup2 やはり、戦車が動かないと、戦闘がないとインパクトに欠けるということで、オープニングを省略して、冒頭に時間的未来の戦闘シーンを持ってきました。それは悪くはないと思いますが、ちょっと戦車のCGが思ったほど良くないかなぁ。

オープニングが省略されていたと言っても、エンディングには流されていました。このエンディングを見ると、オープニングを省略せずに流した方が、受けは良かったような気もします。

飛行機のCGは良く見かけますし、直線的な動きなのでやりやすいと思いますが、戦車はやはり難しいんでしょうか。かなり、重量感に欠けるイメージです。動きが軽いんですよね。地面とキャタピラの関係かなぁ。

まぁ、実際の戦車もそばで見たりすると、高速で動くユンボって感じで、それほど重量感があるわけではないんですけれどね。(戦車には乗ったことがあったりして)

まぁ、それに加えて、この第1話では、主人公のみほが、戦車に乗るかどうかでゔだうだ悩んでいるので、今一つ盛り上がらないのは仕方ないですね。登場する女の子たちが可愛いといった辺りを見るのが、この第1話ではよい感じです。

次週からは、戦車が動き出しそうな感じなので、そこからが本番なんでしょうね。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/tokyomx100801-1.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2012-10-09
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-483.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。