Ck1 中二病でも恋がしたい! Episode I「邂逅の・・・邪王真眼」です。

さて、うちのブログの秋アニメ第一弾は、『中二病でも恋がしたい!』です。おっと、ミネストローネひっくり返してしまった。(泣)

ということで、感想を書いておきましょうか。

このアニメを選んだ理由というのは、ただ単に京都アニメーション制作だからということであります。原作は未読です。

どうやら中二病患者(笑)を描いたラブコメディかなとも思いますが、まぁ詳細は分からないです。期待半分怖さ半分と言った感じでしょうか。ひとまず、京アニだから、絵的には気にしていませんけれどね。

ということで、中二病でも恋がしたい!第1話「邂逅の・・・邪王真眼」感想行きます。

原作は未読です。

あらすじ:(公式から引用)

中学卒業と同時に、富樫勇太は「中二病」を卒業した。暗黒時代の自分を知る生徒が一人もいない高校に進学することで、勇太は、順風満帆な高校生活を手に入れようとしていた。

しかし、そんな勇太の淡い期待が、入学初日に脆くも崩れ去った。
まさか、クラスメイトに現中二病少女がいるなんて!!!!!

勇太が一番遠ざけたかった存在「中二病」。
現中二病少女、小鳥遊六花との出遭いから、勇太の高校生活がスタートする。

感想:

あいたたたたたた。

どうなんでしょうね。面白いんでしょうか。いや、コメディ色が出ていて、それなりに面白いんですが、面白いシーンが、逆に痛いシーンでもあるので、難しいですね。

というか、自分はいわゆるオタク属なので、中二病を卒業できていない人間の一人なんでしょう。そういう人間からすると、笑えないシーンもありそうな。いや、逆に中二病を乗り越えてきた人間だから笑えるのかな?その辺りに共感がない人間は、単に痛いやつにしか見えずに、面白くないかも。Ck2

どちらにしても、見る人間を選びそうなアニメです。

ストーリーとしては、中ニ病を卒業しようとする勇太と、中二病真っ盛りの六花を中心にして、そこに森夏などが絡んで恋愛模様を描くという感じでしょうか。全体的には、『けいおん!』っぽい感じがします。エンディングなんて、もろにそうですし。

しかし、京アニらしく、女の子はみんな可愛いですね。六花も痛いけれど無駄に可愛いし。個人的には、森夏ちゃんの方が好みですが。しかし、樟葉ちゃんも含めて、ちょっとショートカットの子が多いのかな?

さて、この先どう転ぶのか、実は中ニ病の世界だと思っていた不可視境界線上の歪みが本当に存在したりするのか、恋愛ゲームになるのかは見てのお楽しみといったところでしょうか。

っと、忘れていました。問題のオープニング。あれは一体なんなんでしょうか。目が痛いんですけれど、3Dですか。(嘘)まぁそれよりも、エンディングの方「INSIDE IDENTITY」の方が『けいおん!』っぽくて(?)気に入りましたとさ。

しかし、あの電車は京阪電鉄なんですが、どの辺りなんだろう?

http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-468.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2172.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2012-10-04-1
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2014.html
http://ak-mat.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/1-4e4c.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。