Dd2 DOG DAYS' EPISODE  13「Summer Memories」です。

さて、どうも毎週遅れてしまう、『DOG DAYS'』の感想記事です。最後まで遅れてしまいました。東京女子流のライブディスクをつい見てたためです。

ということで、遅ればせながら感想を書いておきましょうか。

最終回ということで、ラストは、例によって勇者たちが地球に戻るエピソードだとは思うんですが、シンクが誰を選ぶかというエピソードはあるんでしょうか。あれば、3期はないと思うんですけれど、えらばなければ3期ありそうな気がします。

結局、魔王とか英雄王については、ネタとして使われただけのような気がしますね。

ということで、DOG DAYS' 第13話「Summer Memories」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:

フロニャルドの大規模な三国興業「ユニオン・フェスタ」も終わり、あとは勇者たちが地球に戻るのを待つばかり。

そして、いよいよ旅立ちの日を迎える。

感想:

えっと、今週は結局特になにもない回でした。

勇者たちが地球に戻るということで、最後の思い出を作ったり、記念の品を渡したりということでした。

結局シンクが誰かを選ぶということはありませんでしたが、雰囲気的には、レベッカかミルヒ王妃のどちらかという感じでしょうか。最終回だけを見ていると、エクレールはちょっと脱落したように見えましたし。

Dd1 途中では、クーベル公女もその争いに割ってはいるのかなという雰囲気もありましたが、結局、まだ幼くて、その範疇ではないという感じでしょうか?

ただ、彼女気になることを言っていましたね。フロニャルドは、一夫多妻なんでしょうか?レベッカとミルヒ両方を選ぶことができるようなことも言っていましたし。

まぁ、ただ、1期に比べるとシンクのミルヒの仲はあまり進展していないですね。最後には、シンクがレベッカを意識し始めたようなことを言っていましたし、ちょっとレベッカが有利になったような感じでしょうか。シンクはミルヒを女性として意識をしていないような感じですし。

ということで、あっさりと終わりました。1期と違いほとんどシリアスなエピソードはありませんでした。それはそれで良かったと思いました。楽しいが特徴と言ってもいいでしょう。

ただ、色々と意味のありそうな色々な設定が提示されていたのに、それがほとんど消化されなかったのがちょっと残念ですね。

最初に書きました通り、シンクが結局誰かを選ぶことがなかったので、このまま3期があるような気がするので、そこで消化されることを期待します。

『DOG DAYS』の感想はここを前に

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。