Ao1 エウレカセブンAO 第20話「ベター・デイズ・アヘッド」です。

『交響詩篇エウレカセブン』の感想は、ブログを始めたころの記事であまり出来が良くないのですが、一期の感想はこの辺りに書いてあります。映画版の感想もあります。

先週は、ゲネラシオン・ブル崩壊ということで、なかなか衝撃的な展開でした。というか、こういう展開にするなら、何をぐだぐだやっていたんだって感じですね。というかアオ要らないんじゃないとまで思えてきました。面白くはなってきましたが。

今週は、予告編ではアレなんですが、ネタばれですか?それとも、引っかけなのかも。いや、たぶんあまり考えていないと思うので、きっとネタばれなんでしょう。

ということで、エウレカセブンAO 第20「ベター・デイズ・アヘッド」感想行きます。

『交響詩篇エウレカセブン』は、テレビアニメ、映画、コミックスと完走しているような気がします。あ、ゲームはやってませんね。

あらすじ:公式から引用)

ブランは、トゥルースを排除するために、クオーツを使った融合爆裂を起こす。

一方、チーム・パイドパイパーは、ゲネラシオン・ブル本拠地を放棄し、脱出することを決める。連合軍と対峙するトリトン号。しかし、その前に現れたのは、チーム・ハーレクインのIFOだった。

チーム・ハーレクインと対峙する隙を突き、脱出したトリトン号は、ブランが秘密契約を結んだ日本へと向かうことにする。

一方、ゲネラシオン・ブル本拠地では、地下からIFOのアーキタイプと融合したトゥルースが現れる。

 感想:

「ベター・デイズ・アヘッド」と言えば、ノーマン・ブラウンという人のジャズらしいです。ギターアルバムなんてAmazonでは書かれていますが。まぁ、知らないので、あまり書くことはありませんです。はい。

さて、地下に何かあるのはお約束ですね。

先週と比べて、今週はあまりイベントはなかった感じがしました。大きくは、二つ。

Ao2 チーム・パイドパイパーがゲネラシオン・ブル本拠地を放棄したこと。そして、ゲネラシオン・ブル地下から、アーキタイプが出現しトゥルースと融合したこと。でしょうか。

チーム・パイドパイパーは、何も変わらない体制のまま脱出しました。まぁ、変わらないままといいつつも、エレナが抜けていますが。言ってしまえば、この大騒ぎはブランを殺すことと、エレナを切り離すためにあったエピソードかもしれませんね。そして、ブランは最後に株を上げました。

エレナを切り離したということは、やはりエレナがキープレイヤーだということですね。やはり、エウレカの長女ということでしょうか?

もう一つ、アーキタイプです。一瞬、第14使徒ゼルエルみたいと思ってしまいました。これはなんでしょうね?ひょっとしてジ・エンドかと思いましたが、ジ・エンドっぽい姿は、ゲネラシオン・ブルが崩壊する際に別に確認できましたし。しかも白色で。ならば、それとは別でしょう。トゥルースと融合するという位置付けからして、ジ・エンド側かと思ったんだけれど。

しかし、ジ・エンドも登場するんですね。恐らくは、チーム・パイドパイパーからエレナが離れたということからも、彼女が搭乗するんでしょうか。コードネーム・カノンというのは、あれでしょうか?それともアーキタイプがカノン?

あとは、ナルがどうなるのか、エウレカがどう動くのか、そしてレントンは?でしょう。次週は、エウレカが登場するようなので、再び大きく動きそうです。

つづく!

『交響詩篇エウレカセブン』の感想は この辺り

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとまし なようです)。ご容赦願います。