Dd2 DOG DAYS' EPISODE  8「エスナート芸術音楽祭」です。

さて、何か忘れているなと思ったら、『DOG DAYS'』の感想記事を書くことを忘れていたのでした。あらあら。

ということで、遅ればせながら感想を書いておきましょうか。

先週は、英雄結晶が登場しました。シンクが変身したことからも、何らかのキーアイテムっぽいですけれど、どうなんでしょうね。まぁ、ぐだぐだで面白いからいいんですけれど。

結局、魔物が登場しようと、英雄王が登場しようと、魔王が登場しようと、今のところ2期はこのままの展開で進めるように見えますので、まぁ、のんびりと楽しんで見ればいいのでしょう。

今週はサブタイトルからして、コンサートですかね。

ということで、DOG DAYS' 第8話「エスナート芸術音楽祭」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:

フロニャルドでは、大規模な音楽祭「エスナート芸術音楽祭」が開催されることになった。

ミルヒオーレ王妃もコンサートに参加することになり、レベッカがそれに付き添う。

そのころ、追い剥ぎウサギと行動を共にしていた少女が消えたとの連絡が届く。その少女は、追い剥ぎウサギたちからはぐれたらしい。

少女はどうやら土地神の猫神らしかったが、宝石などの装飾類が好きなようで、ミルヒの宝石を奪おうとする。

ベッキーの活躍で宝石は守られたが、猫神は逃げ去る。

その猫神をシンクとエクレールは追いかけるが、猫神に操られてしまう。

感想:

えっと、今週もまたまたまたまたなんといいますか、なんでしょうね。(苦笑)冒頭にながながと、ミルヒとベッキーのお風呂女子会シーンがあったかと思えば、ラストはイメージソング販売促進のミルヒコンサートがありました。なかなか、相も変わらずゆるゆるですね。(苦笑)

Dd1 ただ、この後は、シリアス展開が待っているわけではなく、どうやら大きな三国興業あるようで、それが終盤のメインになるんでしょうね。

あと、ミルヒとベッキーの会話がやはり伏線なのでしょうか?ミルヒはシンクと、あれを夢見ているわけですし、ベッキーもミルフィに発破を掛けられたわけですから、これがラストですかね。でも、エクレールのあれもあったしなぁ。

さて、冒頭に書いた英雄結晶ですが、(スーパー)ヒーロータイムでしたっけ?既に使いこなしているとは、さすがシンクですね。(苦笑)

で、ミルヒのコンサートですが、何だか1期よりもの足りないのはどうしてでしょうか?やはり、動いていないからかなぁ。1期の吉成 鋼さんは、かなり突っ込まれていましたが、あの動きは凄かったと思うんですよ。それを期待したからかな?

そういえば、ベッキー変身シーンも吉成さんだったんですが、バンクで使いませんでしたね。今回の変身シーンで期待したんですが。(苦笑)

『DOG DAYS』の感想はここを前に

http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5535.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。