Ao2 エウレカセブンAO 第17話「ラ・ヴィアン・ローズ」です。

『交響詩篇エウレカセブン』の感想は、ブログを始めたころの記事であまり出来が良くないのですが、一期の感想はこの辺りに書い てあります。映画版の感想もあります。

先週は、シークレットに対抗して、それをクォーツを囮にして殲滅したのですが、ゴルディロックスが消えてしまいました。消えたことも問題なのですが、彼女たちの記憶をアオだけしか持っていないということももっと問題ですね。

今週は、ゴルディロックス消失に対して進展があるのか、はたまた、先週ちらり出てきた「ヨハンソンブック」が何か影響するのか気になりますね。ただ、『交響詩篇エウレカセブン』の「金枝篇」のように実在する本ではないので、ちょっとワクワク感には欠けるかも。

ということで、エウレカセブンAO 第17話「ラ・ヴィアン・ローズ」感想行きます。

『交響詩篇エウレカセブン』は、テレビアニメ、映画、コミックスと完走しているような気がします。あ、ゲームはやってませんね。

あらすじ:公式から引用)

クオーツ・ガンによって、世界は過去に遡って傷がついていた。

アオがクオーツ・ガンを発射して以降、世界でナルと同様のアレルギー症状を示す患者が増加していた。

そんな中、世界ではヨハンソンという学者が唱えた学説に同調する環境団体などの人間が増加していた。ヨハンソン、それはトゥルースの父親だった。

世界で活性化するスカブの中には、海底にあったために所有権が確定していないものもあった。

アオたちは、そのスカブを調査に出かけるが、クオーツ・ガンが暴走を始める。

 感想:

「ラ・ヴィアン・ローズ」と言えば、吉川晃司とか思うわけですが、「・」の使い方からして違いますね。恐らくは、エディット・ピアフ の曲のことなんでしょう。いや、詳しく知っているわけでもありませんし、それがどうしたと言われても困るわけですが。

それはさておき、今週もなかなか難解なお話でした。

Ao1 自分的に難解になったのは、やはり物語の主軸がどこにあるのかが分からないということですね。やはりスカブとシークレットのの存在意義辺りを解きあかすことでしょうか?「交響詩篇エウレカセブン」のときには、レントンとエウレカの関係を主軸にして描かれていたので、一本筋が通っていたんですが、今回はアオが一人で暴走している(もしていないか)ので、今一つ盛り上がらないのですよね。というか、視点が薄く散らばって、のめり込めないといいますか。

その中では、アオとエウレカの関係、トゥルースとの関係が軸なんでしょうか?アオの目的としては、エウレカに会いたいということと、ナルを取り戻したいということがあるように思えます。ただ、普段アオはそれに向かって行動しているように見えないために、わけが分からない感じなんでしょう。

そのエウレカとの関係ですが、彼女の口から、エウレカの今の状態があっさりと解説されてしまいました。まぁ、調べようがないので、そうするしかないんでしょうけれどもう少しひねりが欲しかったです。絵がかなりぐだぐだだったことからも、脚本が間に合ってないとかもあるのでしょうか。

また、レントンがキープレイヤーとして出てきましたが、いつ出てくるんでしょうね。

もうひとつ、トゥルース。ヨハンソンの息子ということですが、ヨハンソンの過去を聞いているとどうもエレナと同じような過去なんでしょうか。違うかな?エレナは、スカブ側でしたっけ?

つづく!

『交響詩篇エウレカセブン』の感想は この辺り


http://georg.paslog.jp/article/2527631.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとまし なようです)。ご容赦願います。