Aw1クセル・ワールド 第19話 「Revolution;変遷」です。

さて、お盆休み進行も終わり、通常興行です。『アクセルワールド』です。

さてダスク・テイカー編もいよいよ山場かというところで、番外編に入ってしまいました。10巻の短編なので、あまり本編に関係してくるとは思えないのですけれど、ひとまず時系列ということでしょうか。

番外編としては、沖縄の黒雪姫既知のバーストリンカーに対して、問題が発生して、それに黒雪姫が取り組むというものでした。さて、続きはどうなるのでしょうか。

ということで、アクセル・ワールド 第19話 「Revolution;変遷」感想行きます。

原作は読んでいます。が、さほど熱心な読者ではありません。

あらすじ:公式から引用)できず

クリキンは、沖縄の無制限中立フィールドを荒らすバーストリンカーについて、旧知の仲であった
黒雪姫に相談する。

そのバーストリンカーは、マッチングリストに現れない、ニックなる巨大な高位のエネミーを連れたサルファ・ポット。リストに現れない理由は分からない。

黒雪姫は、クリキンたちと協力し、サルファ・ポットに立ち向かうが、エネミーとの連携技に苦戦する。

ピンチの黒雪姫たちだったが、ユタが何かが現れるから大丈夫だと予言する。

感想:

はいはい、先々週のお話しが、チユリちゃんの裏切りと思える行動がダスク・ティカーを救うことになり、いったいどうしてというところで終ったと思います。早く続きが見たいですよね。

Aw2 今週のポイントは、サルファ・ポットがどうやってマッチングリストに現れない状態で、アンリミテッド・バーストできているのかということですね。どうやら、裏にはなにか組織があるということが分かったということでしょう。

しかも、それはただのバックドアではないということでしょう。

しかし、ちょっと説明不足な感じはありますね。まぁ沖縄の神秘が起こした奇跡でもいいのでしょうけれど、やはりコーラルメロウの件は気になりますね。

あと、恵は必殺ゲージをためる前に、どうやってあのチートな技を使ったのかが気になります。必殺技ではないということでしょうか。

それはそうと、サルファ・ポットから黒雪姫が情報を引き出すところですけれど、無制限中立フィールドの復活座標についての説明ってありましたっけ?

さて、次週はようやく本編に戻ってくるのですね。となると、アニメではどこまでやるのかな?

http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-327.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1931.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。