Dd2 DOG DAYS' EPISODE  6「パスティヤージュ英雄王伝説」です。

お盆休み進行で、ほぼ1週間遅れです。

DOG DAYSといえば、「なのは」ですが、『DOG DAYS'』と両方の主題歌である水樹 奈々さまの新曲「BRIGHT STREAM」 のオリコンウィークリーチャートは、2位でした。売り上げは、自己最高のようです。

それは置いておいて、『DOG DAYS'』です。まぁ、さほど大きな展開があるわけではなく、淡々と楽しく物語りが進んでいく感じですね。とはいえ、魔物が登場してきた以上、なにか展開がありそうな感じもしますが、どうなんでしょう。

ということで、DOG DAYS' 第6話「パスティヤージュ英雄王伝説」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:

その昔、世界には「魔王」と呼ばれる存在がおり、それに対抗するため、かつて勇者が召喚されたのだった。そしてその勇者は「英雄王」となり、魔王の封印と共に眠るという。

そして、クーベルとシンクがその封印がなされた碑に触れると、魔王が復活した。

復活した「魔王」を抑え込むために、シンクたちは闘うが、その中で英雄王が復活し、魔王を抑え込むことに成功する。

感想:

えっと、今週もまたまたなんといいますか、なんでしょうね。(苦笑)

Dd1_2 魔王が登場し、シリアスに長れるのかと思いきや、やはり結局ぐだぐだ展開でした。この2期はその流れで通すのでしょうか?

ただ、魔王と英雄王がすぐに封印されなかったということは、この先に何かありそうな感じですよね。しかも、魔王と英雄王の間には、敵対関係ではない何か微妙な関係もありそうですし。

英雄王がかつて召還された勇者であるということは、シンクたち勇者についても、パスティヤージュに留まることも考えられるわけですよね。

そうなると、シンクが立てまくっているフラグがどうなるのかということになりますよね。今回、何だかクーベルとの間にもフラグが立っていましたし。というか、彼女と共に魔王を復活させたというのが、何を象徴しているのかということが気になりますよね。

何だか、クーベルだけ人耳があるということも話題になっていますし。(笑)

『DOG DAYS』の感想はここを前に

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。