Aw1クセル・ワールド 第17話 「Fragmentation;分裂」です。

本日はお出かけなので、取り急ぎざっくりとだけ書いておきます。

さてダスク・テイカー編も佳境が近づいて参りました。先週は師匠が登場しました。あちこちのブログなどを見させていただくと、かなり師匠は人気者ですね。オープニングでの扱いもいいですし。

とはいえ、やはりこのダスク・テイカー編は、かなり口あたりが悪いので、早く終わってほしいなというのも実際です。けれど、まだまだ続きますね。ダスク・テイカー編自体が、シリーズ全般のターニングポイントなので、その変化を描ききらないといけないので、仕方がないところでしょうか。

ということで、アクセル・ワールド 第17話 「Fragmentation;分裂」感想行きます。

原作は読んでいます。が、さほど熱心な読者ではありません。

あらすじ:公式から引用

修学旅行先からくれたダイブコールで黒雪姫が見せた思いやりに、能美との因縁は自分だけで決着をつけなくてはならないと、改めてダスク・ティカー打倒を誓うハルユキ。

一方、事件を知り、独自に調査を始めていたタクムは、能美が《加速》の力を使った隙をついて、対戦に持ち込む。

シアン・パイルの圧倒的な攻撃で追い詰められたかに見えたその時。全ての武装を解除したダスク・ティカーは、「奥の手」を使い……。

感想:

Aw2 はいはい、今週は先週シルバー・クロウがスカイ・レイカーから「ゲイルスラスター」を入手したことから、ダスク・ティカーの決戦かと思われていたんですが。まぁ、原作通りでした。

ひとまず、ハル+タクと能美の闘いは、予想通り熱いものでした。予想よりも、結構できが良かったですね。かなり、「ゲイルスラスター」での飛行も格好良かったですし。

ただ、普通に考えると、ハルの事件は解決していませんし、チユちゃんとの仲直りもしていませんから、ここで終わるわけはなかったですね。はいはい。

あと、ポイントは、沖縄からのダイブコールですか。いや、それはどうでも良いこと。(笑)

ということで、まだまだ、ダスク・テイカー編は続くということですね。普通にダスク・テイカーを倒しても、何も解決しませんし。

さて、次週は、というとおや?ダスク・テイカー編ではなく、クリムゾンを挟むのですか。まだまだ続くんですねぇ。あぁ。(汗)

http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-281.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。