H2 氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」です。

「わたし、気になります」

はいはい、遅ればせながら始まりました『氷菓』です。色々感想などを読ませていただくと、絶賛から駄目出しまで、千差万別ですね。ただ、傾向は揃っています。「映像は綺麗」、「物語は地味」。その物語部分を「面白くない」と捉えるか、「こういう物語もいいよね」と考えるかで評価が分かれるようです。なので、ちょっと応援記事を書いてみました。よかったなら読んでみて下さい。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

戻って、先週で、アニメは小説とは違い、原作小説のシリーズ全体から、時系列順に物語を拾ってくるつもりだということが分かりました。と言っても、『遠まわりする雛』がバラされるだけでしょうけれど。ならば、今週は原作の『氷菓』の続きですね。

ということで、氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」感想行きます。

もちろん原作は既読です。

あらすじ:(京アニサイトから引用)

最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。彼女には少し気になっていることがあった。
好奇心を爆発させたえるは、思わず奉太郎に!?

感想:

しかし、奉太郎が読んでいたのは「堕落論」だったのか。分かるような・・・。(苦笑)

「わたし、気になります」

そう来ますか。今週も、若干進行というか構成を原作と変えてきましたか。といっても本編は、原作通りなんですけれどね。


今週は、先週やらずに飛ばした原作『氷菓』の冒頭の短編「ベナレスからの手紙」(マザーテレサか(笑))と、短編第3話「名誉ある古典部の活動」をやって、次の短編を半分ほど消費するという構成になっています。

ちょっと意外ですが、アニメで第1話の冒頭に姉さんの手紙のモノローグを延々やられてもなんですし、最後の短編は事件が起きないので、それで1話構成できませんよね。といいつつも、いい引きになっていたかも。

とはいいつつも、予想通りアニメは先週よりも今週の方が面白かったと思います。謎解きがメインになっていたからだとは思いますけれど、それぞれの人間関係の綱引きが見えてきたからというのもありそうです。

「それは、一身上の都合です」

えるちゃんは、どうやら何か理由があって伝統ある〈古典部〉に入部したようです。まぁ、普通に考えれば、そうでもしないと募集活動もしていないこんな部に入部しようなんて人はいないですよね。「一身上の都合ってなんや?旧家だから、家の方針か?」なんて最初読んだときに考えたことは秘密です。(苦笑)

「折木さんなら、もしかしたら」

ということで、どうやらえるちゃんは、奉太郎の能力を買っているようですが、それも関係しているのでしょうか。

H1 しかし、えるちゃんの奉太郎への評価と、他の二人との評価の落差が見ていて面白いですね。まぁ、フクちゃんの評価は言葉通りではないのでしょうけれど。伊原摩耶花ちゃんは、思ったまま口に出している可能性がありますが。

それとそれと、えるちゃんのパーソナルスペースの狭さ(?)が今週も発揮されていて、面白かったです。逃げる奉太郎とのせめぎ合い。(苦笑)

それはそうと、今週のミステリ展開部分、証拠の図書カードの見せ方とか、工夫してあって面白かったですね。謎解きは、まぁその確率が一番高そうかなって感じくらいだったとは思いますが、先週よりは面白かったです。今後、もっとロジカルに推理が展開する短編のときが楽しみです。

これは、ひょっとしてかなりな当たり作品かもしれません。

ちなみに、最後に出てくる「The niece of time」は、原作『氷菓』の英語版タイトルというか、サブタイトルです。『時の姪』と訳すんでしょう。なぜなら、ジョセフィン・テイの有名な歴史ミステリ『時の娘』のタイトル「The Daughter of Time」をもじったものだからです。

「それがどうした?」とか「どんな意味があるの?」は、恐らく次週かと、はい。あ、次週から『氷菓』はじまります。(笑)

あ、EDは、う~ん雰囲気が合ってないかも。

■アニメ特別感想はここ

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと
『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)
『氷菓』とミ ステリについて論じてみようかと(その3)

■小説〈古典部〉シリーズの感想はここ

「氷菓」の感想はここ
「愚者のエン ドロール」の感想はここ
「クドリャフ カの順番」の感想はここ
「遠まわりする雛」の感想はここ
「ふたりの距離の概算」の感想はここ

■ちなみに〈小市民〉シリーズの感想はここ

「春 限定いちごタルト事件」の感想はここ
「夏 期限定トロピカルパフェ事件」の感想はここ
「秋期限定栗 きんとん事件〈上〉」の感想はここ
「秋期限定栗 きんとん事件〈下〉」の感想はここ

http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5421.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。