An2 Another -アナザー- #11「 Makeup -惨劇-」です。

さて、綾辻行人原作のミステリ(ホラー?)も第11話です。次回でいよいよ最終回ですね。原作通りの展開になるのでしょうか?

さて、先週は、死者を探さなくてはいけないというその事実の提示がされました。もう少し前でそれがされた方が、アニメ的には盛り上がったんではないかと思うんですが、どうでしょうか?

さてさて、物語も残り話数が少なくなって、いよいよ終幕が近づいてきている感じです。ミステリとしての謎解きは、この作品のキャッチコピーである「"死者"は誰---?」になってくるとは思いますが、本格ミステリ的に合理的な謎解きはなされるのでしょうか。

ということで、Another -アナザー- 第11話「Makeup -惨劇-」感想行きます。

原作は既読ですが、結構忘れているかも。

あらすじ:公式から引用

An0いや~、この粗筋だけで十分怖いですね。(苦笑)
文章は読めませんが。

感想:

今週は、まさに「惨劇」という展開でした。とはいえ、作画監督も5人置いて、なかなか意欲的な回でした。かなりショッキング。

それにしても、食堂までは、原作展開だったんですが、そこから先が、原作とは若干異なりました。見た目がフェイクでなければ、このままだと原作とは違う「死者」になりそうな展開ですが、どうなるのでしょうか?

<以降、今週分のネタバレが含まれます。まだ視聴されていない方は、本編を観てから読んでください。原作のネタバレはしません>

今週留意しておくことをさらっておくと、といつものように書こうと思いましたが、まぁそういう内容ではありませんでしたね。ポイントだけ整理することに。

◆死亡

・沼田 謙作(食堂のおじさん)

・王子 誠(バックドラフトで焼死。鳴が死者ではないと思ってくれたのに)

・小椋 由美(鳴を追って窓から墜落死。兄の死から冷静さを失って)

・杉浦 多佳子(鳴を追ってある方法で死亡。原作とは違いますね)

◆負傷

・風見 智彦(勅使河原と争って、二階から落ちる。生死不明)

・前島 学(ある人物に刺される。生死不明)

・三神(鳴を殺そうとした辻井 雪人にモップで殴られる。生死不明)

◆派閥(死亡、負傷を除く)

・鳴を殺そうとしていない

榊原 恒一、勅使河原 直哉、望月 優矢、猿田 昇

・合宿にいない

千曳 辰治、和久井 大輔

・不明

沼田 峯子(殺して回っている)

・赤沢 泉美を始めとするその他の学生たちは、鳴が死者として追っていると思われる。

災厄が続いているということは、まだ「死者」は死亡していないということになります。まぁ、ミステリの決まり事として、モブキャラは犯人にならないということは守られると思うので、おおよそ「死者」は絞られると思えますよね。

また厄介なのが、通常のミステリと違って、犯人の位置づけである「死者」に動機がないどころか、犯罪を犯していない可能性が高いことでしょう。いや犯しているメンバーの中に「死者」がいる可能性もありますが、主たるメンバーは自らの手でまだ犯罪を犯していませんからね。

さてさて、漫画版は結構原作とは違っていたようですが、アニメ版のラストは原作と同じ展開になるのか、それともオリジナルか。次週が楽しみですね。


http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6585.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/anothertokyom-2.html

※ 注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとま しなようです)。ご容赦願います。