Bs ブラック★ロックシューター 第六話「「あるはずもないあの時の希望」です。

さてさて、なんだかんだ言ってももう六話ですか。終盤戦突入ですね。

前回のトップ絵をブラック★ロックシューターにしてしまった関係もあって、書き始めてしまいましたが、ここまでくれば最後まで行くでしょうね。

先週は、起承転結の「転」という感じで、大きく物語が動きました。ただ、裏世界の謎はまだ残ったままですので、そこがどうなるのかがポイントでしょうか。サヤちゃん先生とユウがどういう役割りなのか、そしてマトがどうなったのかでしょうか。

ということで、ブラック★ロックシューター 第6話「あるはずもないあの時の希望」感想行きます。

ひとまず、OVAは鑑賞済みです。

あらすじ:(公式から引用)

もうひとつの世界の戦う少女たち。

ブラックロックシューターと同化したマトはデッドマスターを倒した。デッドマスターの死に激しい負の感情を抱いたマトは そのままブラックロックシューターに取り込まれてしまう。

そして、暴走するブラックロックシューター。

彼女を止めようとブラックゴールドソーは戦いを挑む も、逆に圧倒され、まるで歯が立たない。

一方、現実世界では、もうひとつの世界に行ったきり帰ってこないマトを、ユウはサヤのもとに運ぶが…。

感想:

Bs2 ふむふむ。インセインブラック★ロックシューター登場ですか。いま一つ、ノーマルよりよくないと思うのは自分だけ?

さて、先週大きく話が動きましたが、今週はそれに伴う謎解きのようなものですかね。

今週、サヤちゃん先生とユウがやっていたことのきっかけが提示されました。まぁ、分かりにくいですけれど。

元々裏世界の存在は、ユウから生まれていて、ユウが自分の痛みを引き受けてくれる存在として、ストレングスを創造したというところでしょうか。ただ、ストレングスはユウと完全に切り離されているため、彼女はいない存在になっているって感じでしょうか。

そういう特殊な存在であるため、裏世界のストレングスが死んでしまうと、表世界のユウもいなくなってしまう。そのために、裏世界を守るためにサヤちゃん先生は、裏世界の住人を生み続けているって感じですかね?

さらに、本来、裏世界の住人は表世界の痛みの一部を引き受けてくれるものですが、ブラック★ロックシューターは、マトと一体化してしまっているので、痛みをもろに感じているというかんじでしょうか。

サヤちゃん先生の説得では、マトを目覚めさせることはできませんでした。
ストレングスが闘っていますが、彼女には表世界とのつながりがないので、サヤちゃん先生たちの意志が伝わることはありません。

ならば、やはりマトを目覚めさせるのは、ヨミしかないと思うんですよね。ただ、今週のラストでは、ヨミはマトを切り捨てていましたが。

ということで、残りでどうまとめるんでしょうか。次週も楽しみですね。

ブラック★ ロックシューター描いてみました


http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1955.html

※ 注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとま しなようです)。ご容赦願います。