S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第20話 「世界の卵」です。

さて、シャナもいよいよ20話、残り少なくなってきました。寂しいですね。

前回は、シャナがやろうとしていることが少しずつ見えてきました。『大命詩篇』の断片を宝具『コルデー』に仕込んで打ち込もうというものです。一体それで何が変わるのかですね。

今週は、シャナと悠二の決戦その続きでしょうか。

次回予告からすると、“笑謔の聘”ロフォカレが、『骸軀の換え手』フリーダーと何かやっていますが、何なんでしょうか。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第20話 「世界の卵」感想行きます。

さて、原作は当然既読です。コミックス版からフルコンプリート。DVDもあります。

あらすじ:(公式から引用) できず

『万条の仕手』ヴィルヘルミナは、フレイムヘイズの存在意義がなくなった今、『約束の二人』を救い出すこともできず、自分を見失いかけていた。しかし、『弔詞の詠み手』マージョリー・ドーの言葉で、『炎髪灼眼の討ち手』シャナと共におり彼女を手助けすることに意義を見いだす。

そのシャナは、“祭礼の蛇”坂井悠二と闘っていた。復活したヴィルヘルミナ、マージョリーの協力を得て、“千変”シュドナイを抑えつつ、悠二へ猛攻を仕掛けるシャナ。悠二は、シャナの『紅蓮の大太刀』による炎を「火除けの指輪」アズュールで防ぐが、『断罪』にその防御を破られ窮地に陥る。

そのころ『骸軀の換え手』フリーダーは、『興趣の描き手』ミカロユス・キュイの自在法『パラシオスの小路』を使って“笑謔の聘”ロフォカレを捕らえていた。フリーダーは、シャナが行おうとしていることを、『導きの神』“覚の嘨吟”シャヘルの眷属である彼に、シャヘルの神威召喚“嘯飛吟声”を使って全ての“徒”に知らせて欲しいと伝える。

しかし、ロフォカレは、シャナのそれは「新たなるもの」としては足りないと拒む。そのとき、ロフォカレは『千里眼』で[百鬼夜行]の“深隠の柎”ギュウキの車に「新たなるもの」を見つける。

一方、シャナと闘う悠二は、シャナの『断罪』を防ぐために、自分の自在法『グランマティカ』を発動する。しかしシャナは、『大命詩篇』の断片を宝具『コルデー』を『真紅』に乗せて打ち込みそれをも打ち破る。

かくして『大命詩篇』の断片を仕込んだ宝具『コルデー』は、“頂の座”ヘカテーを包む『大命詩篇』の繭に打ち込まれた。

感想:

さてさて、原作の最終巻に突入していよいよ終幕近しですか。

今週は、ヴィルヘルミナの憂鬱から始まりました。ただ、なんだかストーリーと繋がってこないですね。『約束の二人』や初代『炎髪灼眼の討ち手』との関係をきちんと描いていないのに、ポンっとこういうエピソードを放り込んでもねぇ。せめて後フォローがあれば変わるんでしょうけれど、それもなかったですし。

このヴィルヘルミナのエピソードをやるのなら、ロフォカレ部分をもう少し分かるように描いても良かったんではないかなぁ。フリーダーが何のことを言っているのかさっぱりだったんでは。原作では、幕間的にフォローがあったような気がしますが。

ということで、今週のポイントは、「悠二って案外弱くない?」もしくは「シュドナイってヴィルヘルミナと相性が悪い?」でしょうか。今週も、例によって自分なりの解説を。基本はアニメ版と辻褄を合わせた解説です。

-----

◆◇◆試験に出るシャナ用語◆◇◆

◆◇[仮装舞踏会](バル・マスケ)

⇒『星黎殿』改め『真宰社』

祭礼の蛇”坂井 悠二

[仮装舞踏会]の『盟主』。『零時迷子』の“ミステス”である坂井 悠二の体を代行体として使い具現化している。

闘いを見ていると、シュドナイのセリフでもないですが、悠二の色合いが強く出ている感じがします。なので弱く見えると。

・『将軍』“千変”シュドナイ 

創造神“祭礼の蛇”の眷属である『三柱臣(トリニティ)』の一角。サングラスをかけたおっさんの姿。

今週は、アニメでは初めてといっていいほど“千変”の闘い方を見せてくれました。ただ、あまりにもヴィルヘルミナに捕まりすぎではないでしょうか。(苦笑)もっと強いイメージがありましたが。まぁ、相手も強いんでしょうけれど、『大地の四神』の一人『皓露の請い手』センターヒルや『剣花の薙ぎ手』虞軒を瞬殺したのと比べるとね。

・『参謀』“逆理の裁者”ベルペオル 

創造神“祭礼の蛇”の眷属である『三柱臣(トリニティ)』の一角。三つ目。

やることはやったと語っていました。何かまだ奥の手がありそうなことも言っていましたが。

・『教授』“探耽求究”ダンタリオン 

長い白衣を着、メガネをかけたヒョロ男。

鉄巨人を使って「我学の結晶エクセレント252580-揮拳の圏套」で、サーレ、キアラと戦っていました。

“驀地祲”リベザル 

カブトムシのような姿をした紅世の王。外界宿征討軍東部方面主力軍司令官。

先週登場しなかったので、今週は登場回だったのでしょうか。

・“蠱溺の盃”ピルソイン

ぶかぶかのローブを着た(オープニングでは袋を背負った)、子供の姿をした「自在師」。

相も変わらず、リベザルと相変わらず仲良し、熱々でした。(笑)

◇◆フレイムへイズ兵団

・『炎髪灼眼の討ち手』シャナ

“天壌の劫火”アラストールの二代目フレイムヘイズ。

『大命詩篇』を埋め込んだ『コルデー』を『大命詩篇』の繭にぶち込みました。ポイントは、それにどういう意義があるのか、どうして“徒”に伝える必要があるのかですね。

・『万条の仕手』 ヴィルヘルミナ・カルメル

“夢幻の冠帯”ティアマトーのフレイムへイズ。

悩んでいましたが、アニメしか見ていない人は、どうして急にそうなったのか分からなかったのではないでしょうか。

・『極光の射手』キアラ・トスカナ 

S2 “破暁の先駆”ウートレンニャヤと“夕暮の後塵”ヴェチェールニャヤのフレイムヘイズ。現在は、二代目の『極光の射手』。少女の姿をしている。

今週も“ゾリャー”で縦横無尽に飛び回っていました。ただ、飛んでいるだけなのをどうにかして欲しいのは、ずっと言っていること。

・『鬼功の繰り手』サーレ 

“絢の羂挂”ギゾーのフレイムヘイズ。ガンマンスタイルの男性。

糸繰り能力を見せましたが、いま一つ不完全燃焼。ここからが本番でしょうか。

『星河の喚び手』イーストエッジ

“啓導の籟”ケツアルコアトルのフレイムヘイズ、全ての星を見た男。『星河の喚び手』イーストエッジ。

『メテオ』でぶちかましていました。ピルソインが何か仕掛けそうな雰囲気でしたが。もう、どちらが悪役か分からない状態に。(苦笑)

『群魔の召し手』サウスバレイ

“憚懾の筦”テスカトリポカのフレイムヘイズ、死者の道を指す男。『群魔の召し手』サウスバレイ。神輿に乗っています。

相変わらず黄金の仮面をつけた亡者に“徒”を喰らわせています。自分は何もしません。(笑)

『滄波の振り手』ウェストショア

『大地の四神』の一人。“清漂の鈴”チャルチウィトリクエのフレイムヘイズ、波濤の先に踊る女。『滄波の振り手』ウェストショア。女性です。

相変わらず泣きながら踊っています。やはり、表現にはオブラートがかかっているようです。

・『弔詞の詠み手』マージョリー・ドー 

“蹂躙の爪牙”マルコシアスのフレイムヘイズ。

隠密行動が終わり、シュドナイや悠二と正面切ってぶつかっていました。強すぎじゃない?

『儀装の駆り手』カムシン・ネブハーウ 

“不抜の尖嶺”ベヘモットのフレイムヘイズ。

ああ、ギュウキに叱られていました。

・『骸軀の換え手』アーネスト・フリーダー

“応化の伎芸”ブリギッドのフレイムヘイズ。ブリギッドは、造花型の神器“アンブロシア”に。

あの世界は、彼が作ったものではありません。ロフォカレを説得する使命を果たそうと頑張っています。かなり重要な役割りなのですが、その真意がずっと隠されているので、視聴者には伝わっていません。

◆◇その他

吉田 一美

お休み中。

“彩飄”フィレス

吉田さんが宝具『ヒラルダ』を使ったために登場。

さて、[百鬼夜行]に救われたはずでしたが。

ヨーハン

フィレスと二人で『約束の二人』と呼ばれる。で、フィレスの『永遠の恋人』。
元祖『零時迷子』の“ミステス”にしてその製作者。『零時迷子』に封じられていた。

フィレスと共に救われたはずでしたが。

・[百鬼夜行]

三人組の“紅世の徒”。だからエピソードなしでいきなり出してもね。

用心棒のおネーチャン“坤典の隧”ゼキナの出番はあるのでしょうか。

・“笑謔の聘”ロフォカレ

『導きの神』“覚の嘨吟”シャヘルの眷属であるリュートを弾く楽師。元々が[仮装舞踏会]のメンバーではない。だだ、その存在を許されているというもの。

さて、その存在にどういう意義があるのでしょうか。『千里眼』で何か見つけたようでしたが。

-----

ということで、今週はちょっとした山場のはずだったのですが、いま一つ盛り上がりに欠けたかも。闘いがちょっと一方的だったからでしょうか。

次週は、そろそろシャナが何をしようとしているのか明確になってきますかね。

◆ブログ内リンク

原作版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

アニメ版「灼眼のシャナ」、「灼眼のシャナII」の感想はこの辺り

OVA 「灼眼のシャナS」第IV巻 -オーバーチュア 後編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第III巻 -オーバーチュア 前編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第II巻 -ドミサイル-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第I巻 -リシャッフル-の感想はこの辺り
OVA 「恋と温泉の校外学習!」はこの辺り
劇場版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-647.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。