S 戦姫絶唱シンギア 第7話 「撃ちてし止まぬ運命のもとです。

さて、なんだかんだいいながらも、結局折り返してしまいましたか。どうやら、このアニメのメインテーマは、友情にあるらしいことが見えてきましたが、その解釈で合っているんでしょうか。有識者のご意見も伺いたい所ですが。(適当)

まぁ、ここまで感想を書いたので、もう少し頑張ってみましょうか。

先週は、未来に響の裏家業(嘘)を見られてしまうというお決まりですが燃える展開というやつでしたと。今週は、それをうけてクリスとの闘いの決着がどうなるのかいうことでしょうか。

ということで、戦姫絶唱シンフォギア 第7話 「撃ちてし止まぬ運命のもとに」簡単にいきます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)せず

「ネフシュタンの鎧」の娘・雪音クリスは、何もせずに力を発揮する立花 響を激しく敵視していた。

しかし、そんなクリスとも仲良くしたいという響の前にクリスは苦戦し、ついにクリスは鎧を脱ぎ捨てると、歌を唄い始める。彼女も響たちと同じシンフォギア能力者だったのだ。

響は、闘いの場の急激な変化についていくことができず、危機に陥る。そこに現れたのは、負傷して入院していたはずの風鳴 翼だった。

翼の協力で響は戦況を挽回するが、クリスはフィーネにもう不要だと判断され、「ネフシュタンの鎧」も回収されてしまう。

翼には仲間と認めてもらえた響ではあったが、小日向 未来にシンフォギアであることを隠していたことががばれ、二人の間はギクシャクし始める。

響は未来に、どうにか謝ろうとするが、彼女は響とはもう友達ではないと答える。

クリスは、フィーネの元を訪ね、自分が闘ってきた理由が正しいのかを問いただす。しかし、彼女は、「カ・ディンギル」も完成するためクリスは不要と談じる。

感想:

表現方法がどうもあちこちのつぎはぎなのは仕方がないとしても、もう少しオブラートに包む感じで提示してくれると嬉しいのですが。

エピソードの繋ぎ(例えば不自然な迷子シーンとか)とかが微妙なのは芸風としてもいいですが、肝心のエピソードの質もちょっとと思うので、キャラクター描写だけは頑張って欲しいところです。未来ちゃんをどう描くかに期待しています。

それは置いておいて、この「シンフォギア」のストーリーの要は、どうやら未来ちゃんの扱いがどうなるのかであるような気がします。彼女が、実は能力者だとか「鎧」の真の所持者だとか、デュランダルが響で、セットだとか色々できそうですが、それ次第で、物語の行方が決まると思います。

翼さんは、響が成長する上での壁でもないですが、踏み台もしくは助走のようなものでしょうか。
クリスが壁でしょうか。

扱いが難しそうですよね。奏のカケラが響に溶け込んでということになると、響は奏の一部とも言えるわけですから。翼の立場からすると、難しい。ただ、今週彼女を助けた事で、翼さんは死ぬなと確信できてしまいました。(汗)

ラスボスは今のところフィーネに見えますけれど、未来ちゃんか響のどちらかが能力暴走するんだと思っていますけれどどうでしょうか。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/tokyomx21707-75.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。