S1 灼眼のシャナⅢ-Final- 第12話 「誓いの言葉」です。

さて、今日もこれからお仕事です。といっても、持ち帰り。本当はよろしくないのでしょうが。

さて、先週は「だらっしゃー」がみんな持って行きましたが、なかなか熱くて面白かったです。デカラビアが不憫だったところを除けば。どちらにしても、原作ではちょっと間延びしていた部分も、上手く盛り上げてくれようとしているみたいです。未読の方も頑張ってください。(苦笑)

今週は、前半1クールのラスト。『灼眼のシャナII』一人で盛り上げたサブラク大先生の活躍でしょうか。先週の次回予告が、かなりネタバレしていましたけれど。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第12話 「誓いの言葉」感想行きます。

さて、原作は当然既読です。コミックス版からフルコンプリート。DVDもあります。

あらすじ:(公式から引用) できず

“壊刃”サブラクは、『詣道』にてシャナたちを待ち受けていた。それは、『炎髪灼眼の討ち手』シャナたちが“戯睡郷”メアを討滅したことへの復讐でもあった。

シャナたちは、サブラクを『万条の仕手』 ヴィルヘルミナ・カルメルたちが足止めする間に彼女を前に進ませる作戦を採る。

サブラクには、かつて有効であった作戦は通じなかった。自在法『スティグマ』は改良され、『詣道』の破壊を脅しとして使い、サブラク本体の隔離を阻止されたのだ。

一方、『震威の結い手』 ゾフィー・サバリッシュたちは、窮地に陥っていた。しかし、東部方面主力軍の足止めには『興趣の描き手』ミカロユス・キュイが成功していた。

そして、遂に『創造神』“祭礼の蛇”坂井悠二たちは『祭殿』に到達していた。そして、彼は『三柱臣』の力を使い、“祭礼の蛇”の神体を復活させる事に成功する。

しかし、『祭殿』から戻る“祭礼の蛇”の前に現れたのは、シャナだった。悠二とシャナは、再び対峙する。そして、シャナはその思いの丈を、悠二にぶつける。

感想:

さてさて、先週デカラビアが討滅されたことで、『星黎殿』の戦闘的には一息つきました。

今週は、原作で行くと19巻ですかね。

ということで、『詣道』の戦いに視点が移ります。

今週のポイントは、「みんな愛のために闘っているのね」だったと思うんですが、どうでしょうか。その答えも含め、今週も、例によって自分なりの解説を。基本はアニメ版と辻褄を合わせた解説です。

ネタバレ的な記述はしません。(つもり)

-----

◆◇◆試験に出るシャナ用語◆◇◆

◆◇[仮装舞踏会](バル・マスケ)

⇒『詣道』

祭礼の蛇”坂井 悠二

[仮装舞踏会]の『盟主』。『零時迷子』の“ミステス”である坂井 悠二の体を使い具現化している。
今週は、悪役っぽかったですね。アラストールとのやり取り以外は。

・『将軍』“千変”シュドナイ 

創造神“祭礼の蛇”の眷属である『三柱臣(トリニティ)』の一角。サングラスをかけたおっさんの姿。

なんでついて来たの状態になっておりますが、一番強いので。

・『巫女』“頂の座”ヘカテー 

S3 創造神“祭礼の蛇”の眷属である『三柱臣(トリニティ)』の一角。少女の巫女姿。

眷属としての本当の役割は、<禁則事項>。錫杖型の『トライゴン』を振る姿に癒されました。(笑)

・『参謀』“逆理の裁者”ベルペオル 

創造神“祭礼の蛇”の眷属である『三柱臣(トリニティ)』の一角。三つ目で、眼帯をしている。

眼帯の意味が明らかになりました。当初からの伏線ならば凄いってやつですが。

・“壊刃”サブラク 

『参謀』“逆理の裁者”ベルペオルに雇われている傭兵たる強大な“紅世の王”。『非常手段(ゴルディアン・ノット)』を使って前回は生き延びた。

本人は気付いていませんが、なぜか“戯睡郷”メアが気になる様子。

⇒『星黎殿』

『西部方面主力軍』

“煬煽”ハボリム 

ガスマスクをした、双頭の紅世の王。外界宿征討軍西部方面主力軍司令官。

デカラビアからも絶大な信頼を得ていた。デカラビアの代りに総司令官職に。 自在法『熒燎原』と大筒型の“燐子”を使った闘いで優勢に。

“翠翔”ストラス 

胴体に顔がある鳥男。

自在法『プロツェシオン』で、西部方面軍を鳥に変えルーマニア戦場から『星黎殿』へと高速移動させた。

『東部方面主力軍』

“驀地祲”リベザル 

カブトムシのような姿をした紅世の王。外界宿征討軍東部方面主力軍司令官。

絶賛足止め中。

・“蠱溺の盃”ピルソイン

ぶかぶかのローブを着た(オープニングでは袋を背負った)、子供の姿をした「自在師」。
リベザルと相変わらず仲良し。

◇◆フレイムへイズ兵団

⇒司令部

・『震威の結い手』 ゾフィー・サバリッシュ

“払の雷剣”タケミカヅチのフレイムヘイズ。『肝っ玉母さん』、総司令官。

デカラビアを討伐しましたが、ピンチです。

・『犀渠の護り手』ザムエル・デマンティウス

“吾鱗の泰盾”ジルニトラのフレイムヘイズ。軍人風のお方。幕僚長。

『姿影の派し手』フランソワ

“布置の霊泉”グローガッハのフレイムへイズ。副官。

『西部方面』

・『極光の射手』キアラ・トスカナ 

“破暁の先駆”ウートレンニャヤと“夕暮の後塵”ヴェチェールニャヤのフレイムヘイズ。かなり特殊ですね。現在は、二代目の『極光の射手』。少女の姿をしている。

次回本格参戦でしょうか、楽しみですね。

・『鬼功の繰り手』サーレ 

“絢の羂挂”ギゾーのフレイムヘイズ。ガンマンスタイルの男性。

恐らく“冀求の金掌”マモンと交戦中で、ハボリムの足止めも出来ず。

『東部方面』

・『興趣の描き手』ミカロユス・キュイ 

そういえば、結構強いように思うのですが、原作でもあまり描写がなかったような?

⇒『詣道

・『炎髪灼眼の討ち手』シャナ

“天壌の劫火”アラストールの二代目フレイムヘイズ。

遂に悠二に追いつき、そして遂に、その思いの丈をぶちまけました。いややはり本当に世界を救うのなら、さっさと『破壊神』で『創造神』を討つべきだと思うぞ。(笑)痴話げんかと言われかねないので。(苦笑)

・『輝爍の撒き手』レベッカ・リード

“糜砕の裂眥”バラルのフレイムヘイズ。

今週のヴィルヘルミナとの連携はかっこよかったです。

『儀装の駆り手』カムシン・ネブハーウ 

“不抜の尖嶺”ベヘモットのフレイムヘイズ。

「あぁ」。さて、結局その力をフルに発揮できない状況には変わりありませんが、二人が自在法でやられていますから、どうにかしないと。

・『万条の仕手』 ヴィルヘルミナ・カルメル

“夢幻の冠帯”ティアマトーのフレイムへイズ。

包帯で二人をサポーター。いやなんでもないです。(汗)

⇒『御崎市

・『弔詞の詠み手』マージョリー・ドー 

“蹂躙の爪牙”マルコシアスのフレイムヘイズ。

復活です。飛行機でどこへ?

◆◇その他

“戯睡郷”メア

金髪の可愛らしい(羊角はありますが)少女の姿をした“紅世の徒”。アニメ二期では、髪の色が違いますが、結局金髪に訂正された様子。(苦笑)

原作では、夢を操り『戒禁』を破る自在法『ゲマインデ』を使うのですが、その存在は弱いもの。外伝の『ヤーニング』をやっていないので、サブラクとの絡みはわからないですね。

アニメでは、二期の始めに登場しますが、設定が明らかに異なっています。酷い改変です。

どちらにしてもシャナに討滅されました。

-----

ということで、次週は、年明けですね。新オープニングきますでしょうか?

◆ブログ内リンク

原作版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

アニメ版「灼眼のシャナ」、「灼眼のシャナII」の感想はこの辺り

OVA 「灼眼のシャナS」第IV巻 -オーバーチュア 後編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第III巻 -オーバーチュア 前編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第II巻 -ドミサイル-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第I巻 -リシャッフル-の感想はこの辺り
OVA 「恋と温泉の校外学習!」はこの辺り
劇場版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-453.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。