P1 輪るピングドラム 24th STATION 「愛してる」 です。

『輪るピングドラム』もいよいよ最終回。もうこれもできなくなりますね。ということで、

「生存戦略~!!」

いよいよラスト第24話です。やはり全24話でしたね。

先週も面白かったですね。内容的には、最終回に向けて、高倉兄弟の対立を見せて、緊迫感を演出するというものでした。

やはり、ラストがあと1話ということで、論理的な着地ではないんでしょうけれど、それなりにカタルシスがあるものになることを期待しておきます。先週ラストの箱がポイントでしょうか?

それでは、輪るピングドラム 第24話「愛してる」感想行きます。

小説版上中巻読みました。下巻の発売は、いつでしたっけ?しかし、あらすじ書きにくいな。

あらすじ:公式から引用せず)

かつて、高倉 冠葉と晶馬は、子供ブロイラーの箱に閉じ込められ、朽ちていくばかりだった。そこに現れたのが、一つの林檎だった。冠葉は、晶馬に林檎を分け与える。

そして今、高倉 冠葉と晶馬は、運命の列車の中で対峙していた。冠葉は、陽毬を助けようと世界を破壊しようとしている。
晶馬は、それを止めようとするが、手段を持たなかった。

そこに、荻野目 苹果が登場する。彼女は、燃やされた日記の呪文を知っており、それを唱えることで、運命の乗り換えを行おうとする。

「運命の果実を一緒に食べよう」

対価の炎が
苹果を包み、運命の乗り換えが始まる。

プリンセス・オブ・クリスタルとして目覚めた陽毬は、命の半分を運命の林檎の半分を冠葉へと返す。これが「ピングドラム」であると。

そして、冠葉と晶馬は消え去り、苹果と陽毬が残された。

感想:

あらすじを書こうとするのですが、全体が抽象的なので、推測や考察を交えずにかけないため、かなりいい加減なものになってしまいました。

全体をまとめると、かなり綺麗に伏線を掬い取って、きちんとまとまっていました。もっともっと、もやもやが残るのかと思っていました。

結局、残ったもやもやとは、眞悧と桃果の存在でしょうか。眞悧は世界の呪い、桃果は運命に贖うもの。これはそういうものと理解するしかなさそうですね。それはそれでいいと思います。

こういうお話しなので、解釈は人それぞれでいいということでしょう。もちろん幾原監督の考えはあるんでしょうが、それが正解というわけでもないですよね。

『銀河鉄道の夜』をきちんと読み直さないと、繋がらない気がしますし。第1話と最終話が『銀河鉄道の夜』で繋がっていることからして。

ということで、個人的な解釈を少しだけ。

ポイント1 テーマ的なもの

基本的には、子供への愛がそれなんでしょうね。ラスト間近の石田さんの台詞からしても。

ポイント2 輪るピングドラム

「輪る」というのが何かというのが最終回になってたぶん繋がりました。

「運命の林檎」が「愛情」だとすると、それが最初に冠葉から晶馬に半分渡っていたのですね。

そして、晶馬から陽毬ちゃんへと渡り、今回陽毬ちゃんから冠葉へと渡った。「輪る」というわけですね。なるほど~。違うかな?

ポイント3 ピングドラム 

ピングドラムとは愛情なんでしょう。きっと。

ポイント4 運命の林檎

運命の林檎を食べたものは罰を受ける。

一つの林檎を高倉家の三人で食べたわけで、その罰は一番弱い陽毬ちゃんへと向かっていました。しかし、今回晶馬分をプリンセス・オブ・クリスタルが回収し、陽毬ちゃんの分と合わせて冠葉へと渡ったことで、罰は冠葉一人が受けることになったわけでしょうか?

P2 ポイント5 日記

苹果ちゃんが呪文に気付いたことで、運命の乗り換えが発動しました。

しかし、それには対価が伴うということで、苹果ちゃんが焼かれるわけですが、高倉家の三人の中で巡っていた愛情を冠葉に返したことで覚醒した晶馬が、苹果ちゃんへの愛に気付きその対価を代りに受けたという感じでいいのでしょう。恐らく。

そして、冠葉と晶馬は、乗り換えの起点となる三人が出会った子供時代のころに戻ったってことかな。

ポイント6 ペンギンたちとか

ペンギンたちは、箱に戻っていきました。そのとき、あのアイパッチの縫いぐるみも箱に入っているんですよね。

なのに、縫いぐるみはなぜか高倉家にあった。それ以外の冠葉、晶馬の痕跡は消えていたのに。そしてあの手紙。

泣けてきました。

ポイント7 結論 

救われなかった、この世界の理不尽な過ち(箱、こどもブロイラーがメタファー)をその身に受けていた三人の子供たち。そこに現れた高倉家の両親により、子供たちは兄弟として愛情を巡らせることになります。

しかし、その愛情はいつしか子供たちに罰を与えることになります。

こんな不幸な子供たちがいなくなる、全ての子供たちに愛情が注がれる世界はくるのでしょうか。

的なものですかね。

----

ということで、幾原監督、次回はもう少し早く新作をお願いします。

「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

http://ameblo.jp/atgpt/entry-11114501948.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1393.html

※注意:TB はフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。