T たまゆら~hitotose~第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」です。

バリウムがお腹に溜まって身体が重い、しかも公式のページが重々で困った~。

さて、『たまゆら』ですが、好きな方には凄く評判がいいですね。自分としては、良くも悪くもなくって感じですか。OVAの時には、もっと面白く感じたのですが、きっと他の人より感想が出遅れているのも影響しているんでしょうけれど。

そんな同じようなことばかり書いているうちに、すでに10話ですか。今週は、かおたん回ですか。今までになかったかな?4人娘の中では、今一つ目立っていないですね。

ということで、たまゆら~hitotose~第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」感想行きます。

まずは、公式からあらすじを引用しておこうかと思いましたが、今週もまだ第7話までしか書かれておりません。仕事してください。

あらすじ:

塙 かおるちゃんは、日曜日にポプリの材料を買おうと計画します。沢渡 楓ちゃんたちを誘いますが、皆忙しい様子。

かおたんは、なんとなくもやもやとした感じになってきます。その感情は何なのか?

日曜になり、どこかおかしいかおたんを皆が誘いますが、かおたんは断ります。

自分だけ、将来の目標がない。焦るかおたんは、イライラから皆にあたってしまいます。

そんなかおたんを心配して、皆で「たまゆら」に集まります。もやもややイライラ、そして優しい言葉をぶつけ合い、皆は、自分のやりたいことを発表することにします。

名付けて「私たち展(仮)」。

感想:

今週もなかなかいい感じだったんではないでしょうか。やっぱり、4人娘の物語だといい感じになりますね。最近ちょっと4人以外の話が多い気がして残念でした。

それでも、今週はかおちゃんを中心に、それぞれの心情が伝わってきて良かったのではないでしょうか。というか、かおたんと、 のりえちゃんが中心でしたが。まぁ、麻音ちゃんは、アレな性格なので、ちょっと仕方がないですが。

ただ、思うのは、主人公は楓ちゃんなんですよね。ずっと感じているんですが、彼女が物語を動かすことが非常に少ないと思うんですよ。OVAの時には4本限定なこともあって、もっと彼女が中心だった気がするんですね。結局、そこが一つ物足りなさを感じるところなんだろうなと思います。

ということで、楓ちゃんがもっとアクティブになってというか、感情をあらわにする感じで動いてくれることを期待します。

ということで、健康診断のおかげで体調が今一つなので、今週はこの辺りで。

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1849.html

※注 意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。