P1 輪るピングドラム 21th STATION 「僕たちが選ぶ運命のドア」 です。

遅くなりました。

『輪るピングドラム』のアクセスですが、先週も爆発しました。晶馬回ということで、先々週の陽毬ちゃん回から続いたからでしょうが。まぁ、それは置いておいて、

「生存戦略~!!」

ということで、いよいよラストが近づく21話です。無事に収まるのでしょうか。全何話でしょうか。23~24話辺りでしょうか。

先週も面白かったですね。内容的には、先々週の陽毬ちゃん回の説明というか補足だったとは思うんですけれど。その中、事件前の描写があったのが面白かったです。

ただ、晶馬たちは確か両親が警察に追われたときに、彼らがやっていることを知らないような描写があったと思うんですよ。けれど、先週の描写では知っているような感じでした。どうなんでしょう。

それよりも、輪るピングドラム 第21話「僕たちが選ぶ運命のドア」感想行きます。

小説版上中巻読みました。下巻の発売は、終了後もしくは終了直前でしょうね。

あらすじ:公式から引用せず)

荻野目 苹果は、地下鉄の中でPingroupの腕時計をした雑誌記者に不躾な取材を受ける。高倉 剣山たちピングフォースが起こした事件と高倉兄妹たちのことを尋ねてきたのだ。

高倉 陽毬は、そのことを話す苹果に自分たちの家がミカちゃんハウスだと語る。両親のことで落ち込む自分を元気付けるために、冠葉と晶馬が飾ってくれたのだと。

その夜家を抜け出した冠葉を陽毬の後をつける。雑誌記者に冠葉がピングフォースの残党が作った「企鵝の会」と繋がっていると言われたからだ。冠葉は幽霊と会っていたのか?

そんなとき、渡瀬 眞悧は、陽毬の元主治医鷲塚医師と出会っていた。鷲塚医師は、眞悧を自分の助手だったといい、とある事件で死んでしまったと語る。眞悧は、それは桃果に邪魔をされたからだといい、子供たちを使ってやり直すのだと語る。

冠葉が訪れたラーメン店を覗く陽毬だったが、そこは既に廃屋で、彼女は両親の白骨死体を見つける。

雑誌記者は、晶馬の元にもやってきた。記者は、冠葉が「企鵝の会」から金をもらって陽毬の治療費に充てていることを明かす。

晶馬は力ずくで冠葉を止めようとするが、彼には歯が立たなかった。冠葉は陽毬は自分が救うのだと晶馬に別れを告げる。

そして、晶馬が見たものは、例の雑誌記者を事故に見せかけて殺す冠葉だった。

傷ついた晶馬は眞悧に陽毬の命が長くないことを知らされる。そして晶馬は、陽毬に家族ごっこは終わりだと告げ、おじさんの家に行くように語る。

陽毬は、晶馬から貰ったマフラーを返すと家を出る。そして彼女が向かったのは、おじさんの家ではなく、KIGAに居る冠葉の元だった。冠葉を止めると決意して。

感想:

以前から気になっていることがありました。時系列ですね。高倉家の両親がいなくなったのは、陽毬ちゃんが小学校の高学年のこと。そして両親が事件を起こしたのは、晶馬たちが生まれた日ですよね。その間に何があったのかが気になっています。

う~ん、気にしなくてもいいのかな。先週の回想シーンや今週のCパートがその一端だとは思いますが。

さて、今週は本当に色々事実が明かされた回でした。ラストに向けての起承転結の転の回だと言ってもいいでしょう。

今回のポイントはこんなところでしょうか。

ポイント1 高倉 剣山、千江見

死んでいました。 冠葉が出会ったのは、幽霊だったのでしょうか。とすると、ラーメン店のあのコップは?

ポイント2 渡瀬 眞悧

鷲塚医師の語りからすると、彼は死んでいると。いや、死んでいるのに存在するのなら、高倉の両親も・・・。

もう一つ、事件を起こしたリーダーだったということは、ピングフォースのリーダーだったということですよね。

そして、子供たちという言葉からすると、ひょっとして彼が冠葉と真砂子の父親?

ポイント3 夏芽 真砂子

どうやら、冠葉とは本当の兄妹のようです。ただ、Cパートの葬式のときには、いませんでしたが。すると、Cパートの葬式は、冠葉の本当の父親ではなく仮の父親でしょうか。

とにかく、真砂子が陽毬ちゃんを目の敵にするのは、自分が本当の妹だからという自負があるからなんでしょうね。

P2 ポイント4 多蕗 桂樹、時籠 ゆり

生きているのでしょうか?

ポイント5 高倉 晶馬、陽毬、運命の人

やはり、陽毬ちゃんの運命の人が晶馬ということは、陽毬ちゃんは晶馬が好きだったということですね。

ポイント6 ピングフォース、企鵝の会、Pingroup、KIGA

事件を起こしたのがピングフォース、その残党が作ったのが企鵝の会。そこに存在したPingroupが夏目家の基盤となり、KIGAが犯罪活動を引き継ぐ裏組織ということでしょうか。

ピングフォースがイワトビペンギンマークで、Pingroupが普通のペンギン、KIGAが半分黒のペンギンマークですね。PingroupとKIGAは、対立しているのでしょうか。

とはいえ、真砂子もKIGAの武器を使っているのが気になるんだよなァ。

----

ということで、いよいよ面白くなってきましたが、ポイントは苹果ちゃんと日記でしょうね。神戸のあの事件とリンクさせるなら日記は欠かせないし。ただ、最後は桃果ちゃんかな?

眞悧が何を目指しているのかというのも気になりますし、KIGAが目指すところも。

ということで、次回も「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1342.html

※注意:TB はフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。