Ga 「GA 芸術科アートデザインクラス」4 きゆづきさとこ
芳文社 KRコミックス ISBN:978-4-8322-4077-3

うううぅ。(号泣)

待ってましたよ。3巻が出てから、2年以上経っています。アニメのOVAが出てからも既に1年半です。本当に待ち遠しかった。連載が続いている漫画の中で一番好きと言っても過言ではありません。(さらに泣)

それよりも、ビッグサプライズが。2009年1月27日発売予定だった『棺担ぎのクロ。』の3巻が、2度の延期を乗り越えついに2012年1月27日に発売されます!!そして連載も2月から再開とのことです。帯情報なので、間違いないですよね。(喜)

でも、まさか『GA』が連載終了で代りになんてことはないですよね。

ということで、「GA 芸術科アートデザインクラス」4巻感想行きます。

ノダちゃんか如月派です。

ではまず、出版社から、あらすじを引用しておきます。

あらすじ:お待たせしました、「GA」最新刊の登場です!! 

今巻では、如月たちのクラスにフランスからの留学生がやってきて…!? 

芸術科に通う女の子たちの青春 を情緒と笑いで爽やかに描き出す大人気作品、お見逃しなく!!

感想:
って、あらすじでも何でもないですね。

さて、待ちに待っただけあって面白かったです。3巻よりも、こっちの方が面白かったかな?3巻は、事前にアニメでちょっとネタ晴らしされてしまっていたんで。

いつも通り、内容とぎっしり詰まっているし、絵は可愛いし綺麗だし、カラーは美しいし、いうことないですね。アニメの続編やらないかなぁ。もちろん、アニメよりも漫画版の方が好きですが。

ただ、ちょっとカラーの感じが変わったかな?どう変わったかと言われると困るんですけれど、絵画やイラストっぽかったものが、アニメ調になったっていうイメージでしょうか。目の辺りの感じが変わっているので、それがカラーだと強調されるのかも。

まぁ、絵柄は生き物なので徐々に変わるんでしょうけれど。

さて、『GA』なので、当然絵画、デザインをテーマにしたエピソードが多いのですが、ちょっとネタ的には尽きて生きている感じもします。同じテーマでもいいと思うんだけれど。切り口を変えてくれれば。

で、今回の幕間のテーマは、「服飾史」。ちょっとあまり興味が持てなかったので、ここは今までの方が面白かったです。

今回のエピソードの中でお気に入りは、「クロッキー」と「眼鏡」かな?「眼鏡」は、ノダちゃんの「落とし物箱」とちょっと内容的に被っているイメージなので損をしているかも。

絵的には、「家庭科」のカラー扉絵がいいですね。「水泳」の扉絵キョージュもいいですけれど。

本当は、「眼鏡」の回の扉絵をカラーで描いて欲しかったなぁ。

しかし、次はいつ出るんだろう。あ、『クロ。』が始まるなら待てるかも。

原作1巻の感想はこの辺り。「棺担ぎのクロ。」の紹介も。
原作2巻の感想はこの辺り。
原作3巻の感想はこの辺り。
アニメ版の感想はこの辺り