P1 輪るピングドラム 15th STATION 「世界を救う者」 です。

なんだか、後半戦になってアクセスが増えている『輪るピングドラム』です。ひとまずやっておきましょうか。

「生存戦略~!!」

ということで、第15話です。

先週はなんだかアクセスがますます増えて、うちのeoブログ全体で3位のアクセス数を記録しました。ありがとうございますです。でも何があったんだろう。(苦笑)

さて、先週の百合展開には、名前が「ゆり」にしても、結構びっくりしました。まぁ、幾原監督お得意の展開といえばそうなんでしょうけれど。(苦笑)

ところで、発売されたはずの『輪るピングドラム』の特集の『オトナアニメ』は、まだ本屋で見つけられないんですよ。困ったなぁ。と、必死には探していないんですが。

では、輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」感想行きます。

小説版上巻読みました。上巻は、9話まででした。次はいつ出るんでしたっけ?

あらすじ:公式から引用せず)

幼いころの時籠 ゆりは、父親に支配されていた。そして、その父親の部屋から見える「タワー」の存在を恐れていた。そのタワーがある限り、父親の支配から逃れられないと。

ゆりは求めていた。自分のことを本当に美しいと言ってくれる人。

そんな中、ゆりは荻野目 桃果と出会う。桃果は、自分のことを本当に理解してくれる人間だった。

桃果は、運命を乗り換えることができると語る。それが日記の力だという。ゆりの運命も乗り換えさせることができると。

そして、ゆりは自由になる。しかし、その代償は大きかった。桃果は、全身に火傷を負う。運命を乗り換えためには代償が必要だったのだ。

一方、夏芽 真砂子は、眞悧の言葉に従い、日記の残り半分を追い求める。真砂子は日記を奪いにゆりの前に現れる。

感想:

今週は大きく物語が動いた回でしょうか。面白かった~。

ポイント1:日記の謎が少し明らかになる

日記って何かの暗示みたいなものかとも思っていたんですが、本当に能力があることが明らかにされました。本当か?

今回だけでは、それが日記の力なのか、桃果の力とセットなのかが良く分かりませんが、彼女の言葉からすると日記の力なんでしょう。

それぞれが、運命を変えるために日記を追い求めているわけですが、苹果ちゃんが使ったときには、どうして運命が変わらなかったんだ?

ポイント2:桃果登場

ようやく桃果ちゃんが登場しました。この感じだと、本当に重要なキャラクターのようですね。

新オープニングにもチラ登場しましたし。

なぜ、彼女が運命日記を持っていたのか、そしてどうしてそれが使えたのか、そしてそしてなぜ人のために行動できたのか。まだ謎は多そうです。

そうか、旧オープニングで苹果ちゃんが燃えたのは、桃果に繋がっていたんですね。

CVは、豊崎さんですか。

ポイント3: ダブルHと渡瀬 眞悧はつながっている?

先週の陽毬ちゃんのマフラーは、ダブルHに渡っていました。繋がっているんでしょうか?そして、それが意味することは?

ポイント4:晶馬と苹果ちゃん

どうやら上手くいきそうですか。それがいいよ。

P2 ***

こんな感じですね。

ゆりがどうして桃果の日記を追い求めるのかが明らかになりました。例の地下鉄テロで消えた桃果を呼び戻すってことですね。それで、多蕗 桂樹と繋がりますね。同じ目的ということで。

それによって、それぞれが日記を求める理由とも繋がりました。皆、自分の大切な人を失わないように、もしくは取り戻すために日記を欲しているんですね。

そして、日記にはその能力があると。

代償は必要ですが・・・。

っと、OPが変わりました。前のオープニングが秀逸だったので、まだピンと来ませんが、もう少し見込みたいところです。

ということで、次回はなんとなく、真砂子回っぽいですね。

次回も「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛 かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。