P1 輪るピングドラム 13th STATION 「僕と君の罪と罰」 です。

陽毬ちゃんがああなってしまって、これからどうなるのかわかりませんが、一先ずやっておきましょうか。

「生存戦略~!!」

ということで、第13話です。

先週は陽毬ちゃんが大変なことになり、しかもあの人が動き始めて、ここから後半戦になるよって感じでした

普通に考えると、ヒロインだと思われる陽毬ちゃんがここで退場することはないだろうなって、高を括っていますが、どうなるのでしょうか。陽毬ちゃんが眞悧を必要としたときに現れると9話で言っていましたが、それがまさにこのときなんでしょうか。いやこれ以上のピンチはないでしょうけれど。(汗)

ところで、今週発売の『オトナアニメ』は、『輪るピングドラム』の特集のようです。

では、輪るピングドラム 第13話「僕と君の罪と罰」感想行きます。

小説版上巻読みました。上巻は、9話まででした。次はいつ出るんでしたっけ?

あらすじ:公式から引用せず)

高倉 陽毬を生き返らせようとあがく高倉 冠葉の前に現れたのは、医師を名乗る渡瀬 眞悧だった。

眞悧は、冠葉に対価を求めそれを受け取ったとして、取り出したアンプルで陽毬を生き返らせる。

一方、高倉 晶馬は、荻野目 苹果に自分たち兄弟の両親がしたことについて、全て語って聞かせていた。

感想:

今週から後半戦ですか。OPは変わらないんですね。EDは変わりましたけれど。曲は、ずっと「灰色の水曜日」になるんでしょうか。

さて、今週はまたがくっとテンポが遅くなりました。まぁ先週が中間の謎解き回なので、その反動なんでしょうけれど。

結局、全ての鍵を握るのは渡瀬 眞悧だということでしょうか。面倒なので、また箇条書き。

◆分かったことの整理

・冠葉が収入を得ていたのは、彼の身体の何かを売っていたから。

・眞悧は、冠葉が何をしていたのかを知っている。

・冠葉が持っていた林檎のモチーフは、かつての高倉家にもあった。
 ということは、両親の行動と眞悧に何か関係が?

・夏目マリオも眞悧によって生かされている。(ように思える。ミスリードかも)

・夏芽 真砂子が電話で会話していたのは眞悧。(のように思える。ミスリードかも)

・運命日記の半分は、夏芽 真砂子が持っているわけではない。

・多蕗 桂樹は、高倉家の両親のことを知っていた。

・高倉家の両親は、生きて逃げている。

・かつて陽毬ちゃんが消しゴムをぶつけられたのは、両親のためか。

◆わからないこと

・中央図書館「そらの孔分室」に登場した少女は、桃果?

・眞悧が語りかけていた相手は、陽毬ちゃん?桃果?それとも、帽子?

・陽毬ちゃんが運命の相手だとすると、9話の回想シーンと年齢が合わない気が?

・ピングドラムは、運命日記?

P2 てな感じでしょうか。

結局、想像するに、眞悧が語りかけていた運命の相手は桃果で、9話回想シーンに登場した少女もひょっとして桃果だったりするのでしょうか。

すると、桃果が多蕗を選んだことで、とか違うか。

運命日記は、恐らくは時籠 ゆりが持っていることで間違いないでしょう。なぜ彼女がそれを探しているのかは分かりません。きっと、多蕗が絡んでいるンでしょうけれど、彼の指の傷ともつながるのかな?

しかし、あのウサギたちが、ウテナの「かしら~」に思えて仕方がなかった。(苦笑)

あぁ、次週が気になる~。

次回も「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。