P 輪るピングドラム 12th STATION 「僕たちを巡る輪」 です。

なんだか先々週ぐらいからピングドラム記事のアクセスが倍増って感じです。原因は、きっとこれですね。で、

「生存戦略~!!」

ということで、第12話です。

まぁ、先週は作画も戻り、しかもストーリーも大展開って感じでした。面白かったですね。特に後半の「生存戦略~」からが。

さて、ストーリーは、なんとなく冠葉×真砂子×マリオと、晶馬×苹果ちゃん×陽毬ちゃんって感じで2つに分かれているようにも見えます。多蕗とゆりが絡む晶馬ラインが、今のところ表ルートって感じでしょうか。まぁ、冠葉×真砂子、晶馬×苹果、マリオ×陽毬、苹果×多蕗、冠葉×陽毬って感じでどろどろに絡んでいるっていうのが当たりかな?

では、輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」感想行きます。

小説版上巻読みました。上巻は、9話まででした。次はいつ出るんでしたっけ?

あらすじ:公式から引用せず)

高倉 晶馬は、クリスタルワールドの中で、荻野目 苹果に彼女の姉・桃果が死んだのは、自分たちの両親が原因だと語る。

それは16年前のテロ事件。その事件を起こした組織の指導的幹部が晶馬たちの両親だったのだ。

一方、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルは、陽毬の命を救いたければ、ピングドラムを手に入れて運命の輪から逃れろと、晶馬と苹果に告げる。そして、再び陽毬は倒れる。

感想:

おおっ!今週も怒涛の新展開!!面白かった~。

まぁなんといいますか、全編イメージによる比喩だらけって感じで、意味不明ですが。(笑)

それでありながら、1クール目で提示された部分については、ここままでである程度答えが開示された印象です。

・冠葉と晶馬が語る運命というのが、16年前に両親が引き起こした事件らしいこと。

・ピングループマークは、どうやら両親が所属していた組織に関係あること。

・桃果が死んだのは、その事件に巻き込まれたからということ。

・陽毬が生きていたのは、冠葉に命の灯を分けてもらっていたからだということ。

・その命の灯には、期限があるらしいこと。

・第1話であった「生存戦略」とは、冠葉からプリンセス・オブ・ザ・クリスタルがそれを分けてもらう儀式こと。

P2・第2話以降のクリスタルワールドで、「生存戦略」の儀式がなかったのは、それが一度だけのものだからということ。

ただ、2クール目に向けての謎の追加も忘れないことはいい感じです。(笑)

特に、いよいよ渡瀬 眞悧が動き出しそうなのは、楽しみですね。彼によって、陽毬ちゃんは蘇るのでしょうか。ならば、陽毬ちゃんの運命の人というのは眞悧?もしくは、運命の人が誰かを告げに来たのでしょうか。

後は、闇うさぎとか、多蕗の指の傷とか、色々ありそうです。トランクも気になるし。

でも一番は、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの「奴を、止めろ……」とは誰を指すかでしょうか。やはり、眞悧?

あぁ、次週が気になる~。

次回も「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛 かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。