P1 輪るピングドラム 10th STATION 「だって好きだから」 です。

さて、今日は会社に早めに出勤したので、朝に感想を書けませんでしたが、書いておきましょう。

「生存戦略~!!」

ということで、第10話です。

まぁ、先週は色々と凝った構成で面白かったですが、ストーリーの進行からすると待たされたわけです。今週は、先々週の衝撃的な引きからの続きになるはずですが、どういう展開になるのでしょうか。

恐らくは、晶馬は無事だと思いますが、苹果ちゃんの運命日記の半分がもっと気になりますね。後半を持って行かれたということに意味があるんでしょうか?

では、輪るピングドラム 第10話「だって好きだから」感想行きます。

小説版読み始めましたが、追いつかないようにゆっくりと読んでいます。

あらすじ:公式から引用せず)

車にはねられた高倉 晶馬は、病院に入院することになった。

高倉 冠葉と陽毬は事故の原因を問うが、晶馬はその原因を隠す。その原因である荻野目 苹果は、事故に責任を感じて彼を看病していた。

しかし、病院にはその苹果の日記の半分を狙う別の勢力が。

そして暗躍する夏芽 真砂子は、晶馬を使って冠葉をおびき出す。

感想:

やはり、晶馬の怪我は軽かったんですね。まだ、眞悧を「必要とするとき」ではないと。

まぁ、話題になるのは、絵柄の違いでしょうね。作画崩壊というわけではなく、単に作画の違いだと思いますが、ちょっと違いが大きすぎて気になります。

先週は、武内さんの一人舞台だったんですが、今週は後藤 圭二さんの独り舞台ですね。後藤さん好きなんですが、ちょっと雑くありません?確かオープニングの作画も後藤さんのはずなので、違和感なくやろうと思えばできるはずなのですが。まぁ、目と目の間が広いのが後藤作画の特徴といえばそうですが。

とはいえ、作画を除いてもちょっとテンポが悪く感じました。絵に印象が引きずられたのかもしれませんが。しかし、エピソードの内容としては、かなり重要な回だったような気もします。

予想していた通り、夏芽 真砂子は過去に冠葉と何らかの関係があったようです。だから、今までも冠葉と付き合った女性から、冠葉の記憶を消していたのですね。

真砂子が冠葉を手に入れるために最も邪魔になるのが、やはり陽毬ちゃんですよね。彼の想いは、誰と付き合おうとも彼女にしか向いていないようですし。

すると、「プロジェクトM」のMとはやはり夏目 マリオのMで、マリオの運命の人である陽毬ちゃんとマリオを結びつける?か何かで、陽毬ちゃんを排除するということでしょうか。

いや、「こどもブロイラー」からするとマリオと陽毬ちゃんは、同じように産み出された人物で、だから「生存戦略~」なんでしょうか。実は荻野目 桃果もそこの出身でとかなら「運命日記」もP2 含めて繋がりそうな気もしますけれど。そこに「こどもブロイラー」のことが書かれているとすればね。

それはそうと、真砂子は日記を手に入れたと言っていましたが、あのタイミングでは、彼女ではなく時籠 ゆりが持っていったとしか思えないですよね。彼女も真砂子の仲間なのでしょうか。

ん~、なんだか進んだようで、ますます混沌としている感じもします。

あ、エンディングの「DEAR FUTURE feat.Yui Horie」、ボーカルを堀江さんにしたんですか。これはこれで、いい感じ。こっちの方が好きかも。でも毎週ならどうかな~。

次回も「生存戦略」しましょうか?

プリンセス・オブ・ザ・クリスタル描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。