G いつもお世話になっている「ゲームやアニメについてぼ そぼそと語る人」さんの人気企画に、今期もまたまたまたまた・・・便乗協賛してみようということで、2011年6月終了 アニメの評価をしてみました。

「4」 のときの評価は、この辺りに書きました
「5」のときの評価は、この辺りに書きました
「6」のときの評価は、この辺りに書きました
「7」のときの評価は、この辺りに書きました
「8」のときの評価は、この辺りに書きました
「9」のときの評価は、この辺りに書きました
「10」 のときの評価は、この辺りに書きました
「11」 のときの評価は、この辺りに書きました
「12」 のときの評価は、この辺りに書きました

うちでは、この冬は、3本の感想を書いていましたが、そのうち2本が終了でした。ただし感想を書いていないものでも終了したものがありますので、そ れも加えて評価してみます。(汗)

では、行ってみます。

評価は、感想を書いていないものも含めてさせていただきます。感想を書いていたものには、リンクを貼っておきます。20点が個人的な合格点のつもり です。

ということで、うちのblogでの評価は、以下の作品です。完走していないものは省いています。一応、50音順。

◇『DOG DAYS
◆『GOSICK-ゴシック-
◇『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
◆『電波女と青春男』

評価項目は全6項目、各5点で30点満点です。
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル  1:悪い 0:かなり悪い

それぞれの項目とは、こういうものです。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか 等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工 夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

*******

DOG DAYS 

最後まで楽しく見てはいましたが、全体にちょっと中途半端だったかな?という気がしています。声優アニメと言われていましたが、まぁ確かにそういう感じもします。

もう少し全体をシンクとミルヒ姫の恋愛にスポットをあてたものにしても良かった気がします。それにレベッカを絡めて。

絵は、概ね水準だったと思います。セブンにしては良かったかと。

OP、EDは、合格点ですが、この二人を使ったにしては・・・。

  ストーリー:3
  キャラクター性:4
  画:4
  演出:3
  音楽:3
  総合的な評価:3

  総合点:20

GOSICK-ゴシック-

これは、最終回で株を上げたという作品ですね。

それまでは、どうも最初のアブリル登場のタイミングを変えたのが響いて、構成に四苦八苦していた感じだったのですが。原作を無理に活かそうとしすぎたのかもしれません。

ラスト付近は、原作が未発表だったこともあってオリジナル展開が綺麗に嵌まっていて良かったです。ラストの終わり方は、原作よりも良かったのでは。

絵は、概ね水準だったと思いますが、『異国迷路のクロワーゼ』の絵柄でやって欲しかった。

OPは大好きでした。

  ストーリー:4
  キャラクター性:5
  画:4
  演出:4
  音楽:4
  総合的な評価:5

  総合点:26

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

評判がいいので、追いかけて見ました。

長井 龍雪監督については、『ハチミツとクローバー』、『とらドラ!』、『とある科学の超電磁砲』と面白かったので、恐らく自分との相性もいいんだと思います。

ただ、これは評判ほど入り込めませんでした。どうしてかな。誰に感情移入するかが決めきれなかったためか、じんたんがあまり好きでなかったためか。とにかく、世間で言われるほど突出した作品とは思えないです。

長井監督には、早く超電磁砲の続きを。(汗)

  ストーリー:4
  キャラクター性:4
  画:4
  演出:3
  音楽:3
  総合的な評価:4

  総合点:22

『電波女と青春男

原作を読んでいたため視聴しました。

OPに惹かれて継続してみたんですが、しりつぼみって感じがしました。

よくよく考えると、原作も2巻以降好きになれずに、途中で読むのをやめているのを思い出しました。(汗)

  ストーリー:3
  キャラクター性:4
  画:3
  演出:2
  音楽:4
  総合的な評価:3

  総合点:19

----

◆ベストキャラクター賞

キャラクターといわれれば、ほかに思いつかなかったのです。(苦笑)

 GOSICK-ゴシック-の「ヴィクトリカ・ド・ブロワ」ちゃん

◆ベストOP賞

本当は、『Steins;Gate』(シュタインズ・ゲート)の「Hacking to the Gate」なんですが、終了していないアニメは投票できないようなので。ならば、投票は少なそうですがこれ。

yoshiki*lisa「Destin Histoire」GOSICK-ゴシック-

◆ベストED賞

ピンとくるものがないのでこれにしておきます。2クール目を選択したのは、たんに4~6月に合っているからです。1クール目もどちらも好きです。

コミネリサ「unity」GOSICK-ゴシック-

◆ベスト声優賞・男性
◆ベスト声優賞・女性

こちらは、作品のキャラで見るため、今回もパス。

取り敢えず、GOSICK-ゴシック-以外はまぁいいやって感じです。

ということで、評価はこんな感じになりましたです。集計大変でしょうが、よろしくお願いします。

次回もまたお声を掛けていただければ、嬉しい限りです。