P1 輪るピングドラム 6th STATION 「Mでつながる私とあなた」 です。

さて、お盆休み(?)で一週飛びましたが、それでもひとまず書いておきましょうか。(笑)

「生存戦略~!!」

ということで、第6話です。

『輪るピングドラム』、展開がスローだと思っていたんですが、もう6話なんですね。なのに、ほとんど進んでいない。そろそろ、苹果ちゃんに続く新しい山を一つ見たいところ。

スロー展開に加えて、夏休みを挟んでしまったものだから、ちょっとインパクトがあるエピソードを持ってこないと、視聴者を引き戻せないですね。

では、輪るピングドラム 第6話「Mでつながる私とあなた」感想行きます。

小説版は探していますが、みつけられていません。

あらすじ:公式から引用)

事故にあった元彼女・久宝阿佐美の見舞いに訪れる冠葉。しかし彼女の記憶から、冠葉の存在は消え去っていた。

同じ頃、自分の「日記」を貸す代わりに協力す るよう苹果に言われた晶馬は、苹果の引っ越し作業を手伝わされていた。

感想:

今週の「生存戦略」は、ちょっと短くてテンポが速く、物足りなかったかな。ネタ切れ?

それはそうと、本編は面白かったです。今週は、苹果ちゃんの「Destiny」のヒミツが少し判明した回でした。幼稚な文章の理由が分かりました。

あの運命日記は、彼女の物ではなかったのですね。その内容が実現することで、自分の存在が確立されるというかそう思っていたんですね。

ところで、陽毬ちゃんというか、ペンギン帽子様クイーン・オブ・ クリスタルは、ピングドラムが苹果ちゃんの運命日記だと確信しているんでしょうか。というか、苹果ちゃんの願いを叶えろと言っているんですから、運命日記自体には、願いを叶えるというか未来を予測する能力はないんですよね。ならば、アレにはどういう力があるんでしょうか。というか、結局ピングドラムって何?ってことですね。

で、問題は夏芽真砂子。あのスリングショットは、結局冠葉についてだけの記憶を消しているということでしょうか?ならば、久宝阿佐美の記憶を消したということは、彼女をエスカレーターから突き落としたのはやはり冠葉なのでしょうか。でも見舞いに来ていたしなぁ。

「あなたの探しているものを知っているというメール」は、当然真砂子が出したものでしょうけれど、ペンギン4号の存在からすると、ピングドラムを指しているんでしょう。ならば、ピングドラムは、運命日記ではないということ?

冠葉についてだけの記憶を消しているということは、女性たちと冠葉との繋がりをけしているんでしょうか。メールと合わせて考えると、彼女の目的は、冠葉そのもの?でも、電話していたしなぁ。

結局、ピングドラムよりも「ペンギンの存在とは何か」が、自分の中ではメインの謎に落ち着きそう。

P2 ところで、今回の演出はますます演劇調でした。特に人形の部分が顕著。あのウツボはストラップですよね。お父さんのストラップから、アレが破壊の象徴になっているんでしょう。

もう一つ、記憶を失う部分は、セーラームーンの頃からのお馴染みの怖くないホラーっぽい演出でした。こういう演出が、色々と想像させて視聴者を困惑させているんでしょう。

さて、ペンギン4号が登場したことで、いよいよ物語が動き出しそうですね。

次回も「生存戦略」しましょうか?

※注意:TBはフィルタに掛 かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。