Ao 青の祓魔師 第十五話「やさしい事」です。

さて、東京に移動して引越しをしなくてはなりません。そういいながらも、いよいよ『青の祓魔師』もいいところで、何をするにも時間が足りなくて困りますね。

一先ず、この『青エク』の感想だけは、今日中に書いておくことにします。今晩から明日は、感想を書く時間があるかどうか怪しいので。

それはそうと、自分は、この世の中で蛾の幼虫(つまり、毛虫・芋虫)が一番の苦手です。蜘蛛や蛇なら、手で掴めるんですけれど。今週もしえみちゃんのあのシーンとか、相当な苦行が続きます。助けて・・・。

ということで、青の祓魔師 第15話「やさしい事」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。ジャンプSQの連載でも追っていますので、かなり読み込んでいます。

あらすじ:(公式より引用)

勝呂が提案した共同作戦が功を奏し、実戦訓練は成功目前!

しかし巨大な蛾の悪魔・虫豸(チューチ)が出現し、油断した燐に襲い掛かった!!
    

感想:

おおよそ原作通りに進んでいるんですが、今週は一つの山場でした。勿論理由は、燐の正体がばれるという事ですね。

アマイモンの執拗な攻撃、というかアレはメフィストの仕掛けなのかもしれませんが、にさらされてどうなるのかと思いましたが、結果燐の圧勝っぽかったですね。ただ、降魔剣に入ったひびが気になります。もしかすると、燐の力を受けきれないのか、それとも悪魔の世界の扉が開くのか。

ということですが、メフィストが結局何がやりたいのかは分かりませんね。しかし、燐の能力というか、素性が明らかになったので、今までの行動を隠しておく事は出来なくなってしましました。そこで、何か秘密が明らかになるのでしょうか。

あとは、燐の秘密を目撃してしまった同級生達が、どういう行動を採るかでしょう。しえみちゃんは、燐に対して、今まで通りの態度を採ることができるのでしょうか。勝呂は?

そして、2クールで終わらせるなら、この後の展開を原作から変えないと、無理じゃないかなぁ?

しえみちゃん描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましな ようです)。ご容赦願います。