Ao 青の祓魔師 第十四話「愉しいキャンプ」です。

さて、『青の祓魔師』もいよいよ物語も本番ですか。なのに出張で遅くなりました。

シェラやアマイモンという物語を動かすメンバーも登場し、本格的に物語が動いていくことになるんでしょう。原作通りならば。

それはそうと、やはりあのオープニングとエンディングソング、どうも慣れませんね。これならば、前の方がよかったかなぁ。絵はともかくね。

ということで、青の祓魔師 第14話「愉しいキャンプ」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。ジャンプSQの連載でも追っていますので、かなり読み込んでいます。

あらすじ:(公式より引用)

一学期の授業が終了し、正十字学園は夏休みに突入。

しかし燐たち祓魔師候補生(エクスワイア)には、林間合宿という名目での三日間の実戦訓練が課せられることに。

シュラの引率で学園森林区域へ向かった燐たちは、半ばキャンプ気分で大盛り上がり!特にこれまで学校行事に溶け込めなかった燐にとって、それは初めて体験する楽しい時間だった。

やがて陽は落ち、いよいよ実戦訓練が始まる!そのルールとは…塾生同士による争奪戦!?

感想:

おおよそ原作通りに進んでいる感じでしょうか。原作の4巻に突入ですね。

先週、燐は刀を取り上げられ、今後悪魔としての能力とどう向き合うのかという課題を与えられています。その状態でありながら合宿に向かうというのは、非常にリスキーですね。合宿で何をやるかに関わるのでしょうが、今の燐には、秘密を明かせといっているようなものですね。

ただ、放っておいても成長が望めないのも確かで、その辺りのバランスが重要なんでしょうが、シェラはどう考えているんでしょうか。雪男とのやり取りを見ていると、まぁあまり何も考えていないって感じがしますけれどね。

で、与えられた課題ですが、合格が3枠ということは、あのチーム構成からすると、残り二人ですから全員合格ってことですか?(苦笑)

で、あの蛾が森の主ということであれば、アマイモンが挨拶したのはあれでしょうか。そうすると、しえみちゃんが襲われたのは、主にということになりますね。なのに封印されていたというのは、状態がかみ合いませんが、複数いるということでしょうか。

どちらにしても、最初にでかいやつにしえみちゃんが襲われたシーンがあったのは、燐のアンバランスさを見せるためだけではなさそうな気がします。

ということで、次回はいよいよターニングポイントです。

し えみちゃん描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましな ようです)。ご容赦願います。