Ao_2 青の祓魔師 第十二話「鬼事(おにごっこ)」です。

さて、『青の祓魔師』は、先週のオリジナル回から原作付きの話しに戻ってくるようです。

原作でいくと3巻ですか。いよいよ、物語も本線に入っていく感じでしょう。新しいキャラたちも出てくると思いますし。というか、もう出ているのか。出ているんだけれど、本格的にストーリーに絡んでくるという方が正しいでしょうね。

それはそうと、早くも発売されたDVDの1巻は、かなり売れているようですね。DVDの方が売れているということは、女性客がおおいのでしょうか?まぁ、出版社としては、原作マンガの売り上げがかなり延びているようなので、それだけでもOKなんでしょうけれど。

ということで、青の祓魔師 第11話「深海の悪魔」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。ジャンプSQの連載でも追っていますので、かなり読み込んでいます。

あらすじ:(公式より引用)

今回の燐たちの任務は、遊園地で目撃された幽霊(ゴースト)の捜索。
燐はしえみとコンビで行動することになり、デート気分で落ち着かない様子だ。

やがて二人は子供の幽霊を発見するが、幽霊は二人をからかって逃げるばかりで、いつしか事態は鬼ごっこへと展開してしまう。

そしてしえみとはぐれた燐の前に、地の王・アマイモンと名乗る悪魔が登場! 

アマイモンに降魔剣を奪われた燐は、徐々に魔神の力に飲み込まれていく…!

感想:

一応連絡しておくと、公式ページの次回予告のリンクが間違っていますよ。(汗)

さて、結構原作通りに進んだ気がしますがどうでしょう。

今週は、アマイモンの本格的な登場と、霧隠シュラの正体を明かすという回だったのだと思います。まぁ、個人的にはしえみちゃんの回だという気がしますが。(汗)

アマイモンは、メフィストを「兄」と呼んでいることから、彼の弟だと思いますがどうなんでしょう。なので、虚無界のかなり上級の悪魔だとは思われますがどうなんでしょう。そもそも、メフィストがどうして、虚無界を裏切って人間に力を貸しているのかも分からないので、ハッキリしないですね。

アマイモンの力は、どうやら地を操る力のようなので、地震だと思われたのですが、やはりその辺りはちょっと表現しにくいようですね。

アマイモンがシスコンなのか、サタンに何か思うところがあるのかは分かりませんが、燐にどうやら嫉妬心があるようで、それが行動の元凶のような感じがしました。

しかし、しえみちゃんは、可愛いですねぇ。ゴーストを守ろうと自分の身を挺するところなんかがなんとも。不細工な顔もいい感じですし。(苦笑) 雪男がオッパイ好きだとはしりませんでしたが。

ということで、次週はシェラの正体が明らかになって、いよいよ混迷の道へというところでしょうか。学園とメフィストの関係が不明なままなので、そこがポイントでしょうかね。

しえみちゃん描いてみました

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましな ようです)。ご容赦願います。