Ao 青の祓魔師 第九話「おもひで」です。

今週も雨の中、大阪・東京を移動しておりました。おかげで遅くなりました。

さて、『青の祓魔師』は、第9話です。先週に引き続いて、合宿ですね。原作で行きますと第2巻の後半です。

それはそうと、「おもひで」っていうことは、原作通り雪男中心の回になるんですね。まぁ、『青の祓魔師』は、燐が主人公というよりも、燐を中心として彼に関係する人間の物語って感じがしますし。その中でも、やはり双子の雪男の比重が大きくなるのは当然ですね。

まぁ、どちらにしても、今週もしえみちゃんが目立つ回でしょうから、期待期待期待。(笑)

ということで、青の祓魔師 第9話「おもひで」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。ジャンプSQの連載でも追っていますので、かなり読み込んでいます。

あらすじ:(公式より引用)

仲間との共闘で辛うじて苦難を乗り越えた燐たち。その場に突如、メフィストや塾の講師たちが登場する! 

実は今回の強化合宿は悪魔の襲撃を含め、全て祓魔塾が仕組んだ祓魔師候補生(エクスワイア)への認定試験だったのだ!!

予期せぬ展開に戸惑う塾生たち。彼らをよそに雪男は、襲撃役を務めた講師・ネイガウスの様子に疑問を感じていた。ネイガウスが燐に向ける敵意の意味は? 

そして燐たちは無事に候補生へ昇格できるのか!?

感想:

ずっと話題にしている作画ですが、やはり場面場面で、作画のばらつき が大きいですね。どうしても、ロング部分の作画は落ちる感じがします。前半のギャグ部分の崩れはともかくとして。ただ、アクションシーンは、良く動いていたしなかなか良かったんではないでしょうか。その辺りに力を入れているんですかね。あと、全般にアップ部分は、今まででもなかなかの回だった気もします。

といいつつ、今週の見せ場は、やはり燐のあのカッコいい台詞ですね。燐は、いい子ですねぇ。

とはいいつつ、雪男が燐にコンプレックスを感じている様子が、微妙な感じで描かれていて、いい感じです。雪男の弱点は、やはり燐ですね。

あと、しつこいですが(苦笑)、今週のしえみちゃんは可愛かった。特に燐の治療をする部分。バンバンが良かったです。(汗)

次週は、クロが登場ですね。高垣彩陽がCVですか。一瞬くぎゅかと思いました。なんとなく、アルの声っぽかったので。(苦笑)

しえみちゃん描いてみました

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましな ようです)。ご容赦願います。