Ao 青の祓魔師 第八話「此(ここ)に病める者あり」です。

雨の中、大阪・東京を移動しておりました。おかげで遅くなりました。

さて、『青の祓魔師』は、第8話です。先週に引き続いて、合宿ですね。原作で行きますと第2巻の中盤でしょうか。

それはそうと、「此に病める者あり」って、先週に引き続いて出雲ちゃんにスポットをあてたストーリーになるということでしょうか。まぁ、イゴール・ネイガウス先生の動きも気になるところではありますが、結局先週出雲ちゃんに決着付いていないですからね。

まぁ、どちらにしても、今週もしえみちゃんが目立つ回でしょうから、期待期待。(笑)

ということで、青の祓魔師 第8話「此に病める者あり」感想行きます。

原作は既読です。全巻持っています。ジャンプSQの連載でも追っていますので、かなり読み込んでいます。

あらすじ:(公式より引用)

親友の朴を助けられずに落ち込む出雲は、イラ立ちのあまり勝呂と衝突!

二人の喧嘩は燐たちも巻き込み、結局、塾生そろっての反省会になってしまう。下級悪魔を膝に乗せ、長時間の正座に耐える燐たち。その最中、突如部屋の電気 が消え、先日燐が撃退した悪魔・屍(グール)が襲い掛かってきた!! 

敵を引き付けるため、単身で飛び出す燐。勝呂たちは仲間を守り、詠唱術で対抗! 

一方、先日の事件で自信を失っていた出雲は…。

感想:

う~ん、どうもしえみちゃんが出てくるところで、特にロングの作画はおかしい気がします。出雲ちゃんと二人で映っている部分の遠近感も変ですし。まぁ、しえみちゃんの髪形に影響されて、彼女の頭がどうしても大きくなってしまうというのもありそうですが。どちらにしても、場面場面で、作画のばらつきが大きいなぁ。

ということで、今週のしえみちゃんは、何といっても燐と頭ゴッつんするところが最高に良かったです。原作でも好きな場面だったんですが。うちの上の子も同じことを言っていました。どうやら、同じオタク要素で、萌えポイントが重なるようです。(苦笑)

あと、うなうなくんを出すところも良かったですね。

うちのしたの子は、屍(グール)が出てくるところで、声を出して飛び上がってびっくりしていました。まぁ、そこだけですけれどね。あそこの演出は上手かったです。ホラーの常道といいますか。自分は、オカルト映画好きだったので(「サスペリア」が一番好き)、あまりびっくりしませんでしたが。

奥の方は、勝呂 竜士がお気に入りのようで、彼が退魔したところで、良くやったって誉めていました。

世間一般的には、どうやらまゆげ神木 出雲ちゃんは、人気があるようで、彼女の決意がそれなりに評価されそうですが、自分的にはちょっとその部分は弱く感じたかも。

どちらにしても、日5アニメらしく、満遍なく楽しめる作品になっている気がします。なかなかいい感じではないでしょうか。

今後は、どうしても燐中心になり、彼が持つ能力が突出しているので、『D.Gray-man』っぽい展開になっているのは、やむを得ないのでしょうが、しばらくは学園もの的に楽しめると思います。

しかし、やっぱり朴ちゃんはいい子ですね。

し えみちゃん描いてみました

http://animenikilog.blog38.fc2.com/blog-entry-106.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましな ようです)。ご容赦願います。