D DOG DAYS  EPISODE  8「開戦の日」です。

さて、シリアス転向といわれながらも先週はさほどそうではなかった、DOG DAYSです。なので、相変わらず展開が遅いと言われるんですね。

で、やっぱりDOG DAYSは1クールですよね。1クールにしては、展開がかなり遅いんですが、2クールやるほどのネタも提示されていない。というより、2クールだと、7月から書きたい感想に影響がありそうなので。(苦笑)

それはそうとして、今週はEDソング、堀江由衣さんの「PRESENTER」が発売です。前作の「インモラリスト」は結構好きだったのですが、この曲はあまりピンときていません。悪いというのではなく、好きな人は好きそうな曲ですが。

ということで、DOG DAYS  第8話「開戦の日」感想行きます。

公式のあらすじは、例によってずいぶんと遅れてくるようなので、ザックリと書いておきます。

あらすじ:

ガレット獅子団領のレオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ姫が、ビスコッティ共和国に宣戦を布告した理由は、「星詠み」の結果でミルヒオーレ・F(フィリアンノ)・ビスコッティ姫の死が見えたからだった。

王として「星詠み」の結果を元に政治をするわけにはいかない。しかしミルヒオーレ姫は助けたい。そのため、占いに出た「宝剣」の持ち主の死というを打開するために戦を使って「宝剣」を奪おうというのだ。

斯くして戦は始まった。レオ姫が目指すのはあくまでも「宝剣」の奪取。そのため、彼女には似合わない奇襲戦法を使って「宝剣」を奪おうとする。

それを知ったミルヒオーレ姫は、レオ姫が何かを隠していることを確信する。

感想:

えっと、先週は何をやったんでしたっけ、的な始まりでした。(苦笑)先々週から今週までの3話で2本ぐらいで丁度のバランスではないかなぁ。ちょっと間延びしている感じ。結局、宣戦布告から、その意味を語った今週につないでも問題ないですからね。ただ、「宝剣」の説明は必要ですが。

ということで、今週のメインは、ミルヒオーレ姫の死が「姫の死」として予言されているわけではなく、エクセリードとパラディオンの持ち主が死ぬという予言だと分かったことでしょうか。なので、レオ姫は戦を仕掛けたんですね。

そうすると、エクセリードが指輪の状態から宝剣として発動したことがないというのがポイントでしょうか。恐らくは、宝剣発動と魔獣が何らかの関係があるという感じでしょうが、どうなんでしょう。

もしかすると、宝剣が大量のフロニャ力を使うと、その地域のフロニャ力が弱まり魔獣の侵略を許してしまうって感じでしょうか。

そして、レオ姫が、ミルヒオーレ姫のことを救おうと起こしたこの戦で、逆に姫が宝剣エクセリードを発動させてというのが、考えやすい展開でしょうね。いつもならば後方で戦場に出ないはずの姫が、先鋒に立ってしまっていますし。

というか、ここに至って、あまりシンクは関係なくなってきた感じが。今週も結局エクレールの方が目立っていましたし。(汗)

しかし、本当に無駄に声優さんが豪華なアニメです。こんなにたくさんの主役級の声優さんを使うので、逆にそれぞれのキャラに見せ場を作らなくてはいけなくなって、間延びしているのではなければいいですが。櫻井さんなんて無駄遣いだし、今週は解説をしていた丹下さんにも見せ場があったし。(汗)ただ、若本さん、もう少しさらっとやって欲しいんですが。(苦笑)

さて次週は、戦もいよいよ本番、BGMもシリアスっぽくなってきて、楽しみになってきました。

http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51698710.html
http://mapsotyo419.blog65.fc2.com/blog-entry-133.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-858.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-865.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-480.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますの で、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。